坂口恭平×有賀薫──料理とは何か

人はなぜ料理をするのか。料理の価値とは。忙しい現代という時代に、果たして料理をする意味はあるのだろうか ── 。「料理とは何か」をテーマに、作家・建築家・音楽家など様々な顔を持つ坂口恭平さんと、スープ作家の有賀薫さんがトークイベントを行ないました。その模様を3回にわたってお届けしていきます。

記事 3 件

著者プロフィール

坂口恭平

坂口恭平さかぐち きょうへい

1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。 2004年に路上生活者の住居を撮影した写真集『0円ハウス』(リトルモア)を刊行。 以降、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたるジャンルの書籍、そして音楽などを発表している。 2011年5月10日には、福島第一原子力発電所事故後の政府の対応に疑問を抱き、自ら新政府初代内閣総理大臣を名乗り、新政府を樹立した。 躁鬱病であることを公言し、希死念慮に苦しむ人々との対話「いのっちの電話」を 自らの携帯電話(090-8106-4666)で続けている。 12年、路上生活者の考察に関して第2回吉阪隆正賞受賞。 14年、『幻年時代』で第35回熊日出版文化賞受賞、『徘徊タクシー』が第27回三島由紀夫賞候補となる。 16年に、『家族の哲学』が第57回熊日文学賞を受賞した。 現在は熊本を拠点に活動。2023年に熊本市現代美術館にて個展を開催予定。 近刊に『自分の薬をつくる』『cook』(晶文社)、『まとまらない人』(リトルモア)など。

有賀薫

有賀薫ありが かおる

スープ作家。1964年生まれ、東京出身。ライター業のかたわら、家族の朝食に作り始めたスープが2020年2月時点で約2900日以上になる。著書に『スープ・レッスン』『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』『朝10分でできる スープ弁当』など。レシピ提供、コラム執筆、イベントなどを通じて、現代家庭の料理改革を推進中。 note.com/kaorun

他の連載