野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

古田敦也、新庄剛志、宮本慎也、稲葉篤紀、田中将大——。球史に残る名選手を次々に育て上げた名将・野村克也。日本のプロ野球“最高の教師”が「教え方」の神髄を語る。プロ野球ファンはもちろん、スポーツインストラクター、学校の教師、会社のマネジャーなど、スポーツや教育、ビジネスの現場で苦悩する指導者必見のコーチングバイブル。★毎週木曜日更新★

記事 11 件

著者プロフィール

野村克也

野村克也のむら かつや

1935年6月29日、京都府生まれ。京都府立峰山高校卒業。 54年にはテスト生として南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団、3年目でレギュラーとなり、以降、球界を代表する捕手として活躍。70年に南海ホークスの選手兼任監督に就任し、73年にパ・リーグ優勝を果たす。78年、選手としてロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に移籍。79年に西武ライオンズに移籍した後、翌80年に45歳で現役引退した。2020年2月11日逝去。 27年間の現役生活で、三冠王1回、MVP5回、本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回、ベストナイン19回。通算657本塁打は歴代2位の記録である。 90年、ヤクルトスワローズの監督に就任。低迷していたチームを立て直し、98年までの在任期間中に4回のリーグ優勝(日本シリーズ優勝3回)を果たした。99年~2001年、阪神タイガース監督、06年~09年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督。その後、野球評論家として、テレビをはじめ各メディアで活躍。 野村氏に指導を仰いだ野球選手は数多く、代表的な人物として古田敦也、宮本慎也、広澤克実、伊藤智仁、石井一久、さらに現役選手では米大リーグ・ニューヨークヤンキースの田中将大ら錚々たる名前が連なる。2020年度の日本プロ野球両リーグおよび侍ジャパンにおいては、かつて直接指導した5人(高津臣吾・矢野燿大・三木肇・辻発彦・稲葉篤紀)が監督として指揮を執る。 『野村ノート』(小学館)、『師弟』(宮本慎也と共著・講談社)、『私の教え子ベストナイン』(光文社新書)、『なぜか結果を出す人の理由』(集英社新書)、『野村メモ』(日本実業出版社)、『野球と人生 最後に笑う「努力」の極意』(青春新書)、『プロ野球怪物伝』(幻冬舎)など著作多数。