愛☆まどんな × ゆうこす 白亜な対談!

美少女の姿を描き続けてきた美術家の愛☆まどんなさんがこのたび、漫画家の山田玲司さんとタッグを組んで、自身初となる漫画作品『白亜』を描き上げた。 20点の絵画作品を掲載した「アートコミックス」として刊行された同作に、激しく反応した人がひとり。モテクリエイターとして広く活躍する、ゆうこすさんだ。 ゆうこすさんはまず漫画に心酔し、その勢いで『白亜』掲載作品のひとつを購入することに。生まれて初めて「アートを買う」体験をしたゆうこすさんと、愛☆まどんなさんはこの9月、揃ってトークイベントに登場。『白亜』のどこにそれほど惹かれたのか、「かわいい」を探求する理由、漫画論までを語り合った様子をここにご紹介しよう。 ふたりは互いの存在を知っていたとはいえ、今年まで面識はなかった。あいだを取り持ったのは『白亜』だったのだとか。

記事 1 件

著者プロフィール

菅本裕子

菅本裕子すがもと ゆうこ

モテクリエイター。アイドルグループを脱退後ニート生活を送るも、自己プロデュースを開始し「モテクリエイター」という新しい肩書を作り自ら起業。現在はタレント、モデル、インフルエンサー、SNSアドバイザーとして活動しつつ数々の事業を手掛ける。SNSフォロワーは150万人以上。著書に『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』等多数。

愛☆まどんな

愛☆まどんなあい まどんな

絵描き。1984年東京生まれ。アーティスト仲間のアドバイスをきっかけに、自分のために描いていた美少女絵を美術展に出展するようになり人気を博す。絵画、企画、フィギュア、ライブペインティングなどを行ない、現代美術のみならず、アイドル・アパレルとのコラボやグッズ制作など、国内外で領域横断的に活躍中。作品に登場する二次元美少女は、自らの愛を代弁し表現する究極のモチーフとして描かれる。 公式サイト:aimadonna.com ツイッター:@aimadonna インスタグラム:@aimadonna.jp