尾崎世界観✕はあちゅう「小説というジャンルに挑戦し続ける理由」

ブロガー・作家のはあちゅうさんと、ロックバンド「クリープハイプ」のボーカル・ギターの尾崎世界観さん。ふたりに共通するのは、コラムやエッセイ、動画、音声、音楽など、小説以外での表現活動も幅広くしながら、小説家としても作品を発表していること。ふたりはなぜ小説というジャンルに挑戦し続けるのか、日々どんなふうに原稿と格闘しているのか。お互いの作品は読んでいたけれど初対面、というふたりの対談をお届けします。

記事 2 件

著者プロフィール

尾崎世界観

尾崎世界観おざき せかいかん

1984年、東京都生まれ。ロックバンド「クリープハイプ」のボーカル・ギター。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。2014年、2018年に日本武道館公演を開催するなど音楽シーンを牽引する一方、自身の本名を冠した初小説『祐介』、千早茜さんとの共作小説『犬も食わない』を刊行、話題を集める。

はあちゅう

はあちゅうはあちゅう

ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。『半径5メートルの野望』『「自分」を仕事にする生き方』『仮想人生』など著作多数。2018年7月にはAV男優・しみけん氏との事実婚を発表。 インスタグラム・ツイッター:@ha_chu

他の連載