ソクラテスに聞いてみた

ソクラテス(職業:ホームレス?)、イカの燻製を片手に人生を語る。「よりよく生きる」ためのコミカル哲学ストーリー。
27歳、彼女ナシ。マンネリ気味の毎日を送るサラリーマンの僕の目の前に、突然、ホームレスのような姿をしたソクラテスが現れた。「考えること」の重要性を説いた古代ギリシャの哲学者の質問に僕は、仕事や友人、お金、恋愛、結婚に対する「本当の考え」を引き出されていく。
ギリシャ哲学の専門家による笑いあり涙ありのコミカル哲学ストーリー『ソクラテスに聞いてみた』を特別掲載いたします。

記事 25 件

著者プロフィール

藤田大雪

藤田大雪ふじた だいせつ

1980年京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程を修了。日本学術振興会特別研究員、京都大学非常勤講師、大阪体育大学 学習支援室主任を経て、現在、京都光華女子大学キャリア形成学部専任講師。専門は古代ギリシア哲学。博士(文学)。 主な論文に「プラトン『パイドン』における自然学批判について」(『西洋古典学研究』 2011年)など、訳書に『ソクラテスの弁明』『クリトン』『大ヒッピアス―美について』(いずれもkindle版)。『ソクラテスの弁明』は、Amazon kindleの哲学・思想部門で1位を獲得。