ちょっとマニアックな、いこまちゃんの願望

「いこまちゃん」の愛称で親しまれ、映画やドラマ、最近ではバラエティ番組でも活躍中の乃木坂46・生駒里奈さん。彼女の20年が詰まった初めての写真集『君の足跡』が2月24日に発売されます。撮影は、デビュー当初から彼女を撮り続け、cakesの人気連載『彼女写真』シリーズでもおなじみの青山裕企さん。今回は発売を記念して、おふたりから撮影秘話を伺いました。

記事 3 件

著者プロフィール

生駒里奈

生駒里奈いこま りな

1995年12月29日、秋田県生まれ。2011年8月、乃木坂46の一期生オーディションに合格。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から5thシングル『君の名は希望』までセンターを務める。14年2月、AKB48チームBに兼任で加入し、同年6月の第6回総選挙14位。15年3月、兼任解除が発表され、7月発売の12thシングル『太陽ノック』で約2年ぶりにセンター復帰。15年12月には念願だった「乃木坂46」での紅白出場を果たした。

青山裕企

青山裕企あおやま ゆうき

1978年 愛知県名古屋市生まれ。2002年 自転車で日本縦断と世界二周の旅の道中で、写真家になることを決意。筑波大学人間学類心理学専攻卒業後、2005年 上京して写真家として独立。2007年 キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。2015年より公益社団法人 日本写真家協会(JPS)正会員。ギャラリーと出版レーベルを運営。現在 東京都在住。 『ソラリーマン』『スクールガール・コンプレックス』『少女礼讃』など、“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作。2009年より写真集などの著書を刊行、現在80冊を超える(翻訳版も多数)。台湾・香港・シンガポール・スペイン・ニューヨークなど、海外で個展やアートフェアなどに多数参加。 吉高由里子・指原莉乃・生駒里奈・オリエンタルラジオなど、時代のアイコンとなる女優・アイドル・タレントの写真集の撮影を担当。 お金マイナス・人脈ゼロで、写真を始めて22年、上京・独立してから16年目。自分なりの戦略で、ファーストペンギンのように写真業界を泳ぎ続けている。 公式ウェブサイト:https://yukiao.jp note:https://note.com/yukiao

他の連載