人生は負けてるくらいがちょうどいい

世の中の理不尽をうまいこと嘲ったエッセイ集、『負ける技術』。その文庫化を記念して、著者のカレー沢薫さんへインタビューを敢行!“低姿勢をつづけていきたい”と、著作が売れてもなお「負けのプロ」でありつづけるカレー沢さん。担当編集のSさんも登場し、『負ける技術』が支持される理由を分析します。cakesで好評連載中の抜粋掲載と併せてお楽しみください。

記事 0 件

著者プロフィール

カレー沢薫

カレー沢薫かれーざわ かおる

1982年生まれ。OL兼漫画家・コラムニスト。2009年に『クレムリン』(講談社)で漫画家デビュー。自身2作目となる『アンモラル・カスタマイズZ』(太田出版)は、第17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品になぜか選出され、担当編集ならびに読者が騒然となった。雑誌『Hanako』(マガジンハウス)をはじめ多くの連載を抱え、日々、Twitterでのエゴサーチと読者交流を欠かさない。単行本発売後、文庫化もされた初のコラム集『負ける技術』(講談社)が続々重版中。

他の連載