レクサス 星が丘の奇跡

村上春樹の小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に登場するレクサス店のモデルと言われるレクサス星が丘には、思わずうなる感動的な物語があった……。 好評発売中の『No.1トヨタのおもてなし レクサス星が丘の奇跡』から一部を公開します。 すべての「物を売る」「サービスを提供する」人々に贈る、おもてなしの神髄がここにある!

記事 6 件

著者プロフィール

志賀内泰弘

志賀内泰弘しがない やすひろ

24年間金融機関に勤務後独立し、コラムニスト、経営コンサルタントとして活躍中。講演や研修講師としても引っ張りだこで、サービス業や学校を中心に人材育成の分野での信頼も高い。「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動代表(http://www.giveandgive.com)として、思いやりいっぱいの世の中をつくろうと、「いい人」「いい話」を求め、東奔西走中。中日新聞や目黒雅叙園広報誌の連載をはじめ、『翼がくれた心が熱くなるいい話』(以上、PHP研究所)、『みんなで探したちょっといい話』(かんき出版)、『なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?』(ダイヤモンド社)、『ようこそ感動指定席へ!言えなかった「ありがとう」』(ごま書房新社)など著書多数。