犯罪により利益を得る」ことがないようにするための提案とは?

1968年にイギリスで11歳の少女が2人の幼児を殺害した事件。それから30年後に出版された彼女の自伝は、イギリスで大きな騒ぎとなりました。この流れは、日本の元少年Aによる手記出版の騒動と非常に似ているのだとか。イギリスの場合はその後、「犯罪者が出版により利益を得ない仕組み」を作ることが提案されたのだと言います。いったいどのような内容なのでしょうか? May_Romaさんが解説します。

「犯罪者による自伝」の規制を見直すきっかけ

前回の記事でご紹介したMary Bellは、当時仮釈中であったのにも関わらず、法務省に出版を通知していませんでした。仮釈放中の身分の場合、国内外の移動、会う人、住む場所、活動などに制限がかかります。また常に政府の監視下におかれます。出版も監視対象の活動なので、通知が必要だったのです。
(http://www.publications.parliament.uk/pa/cm199798/cmhansrd/vo980722/text/80722w04.htm#80722w04.html_sbhd8)

当時の内務大臣であるJack Strawは、出版により、匿名性が暴かれ、マスコミに住んでいる場所や家族のことがばれてしまったMary Bellに関して、「出版社から報酬を受け取ったことは重要な間違いである」と述べています。当時の首相であるブレアからも批判の声が出る騒ぎとなりました。このイギリス中で話題になった事件は、政府が、犯罪者による自伝や、犯罪に関する書籍の出版の規制を考慮するきっかけとなりました。

被害者家族が、メディアを通して出版を批判したこと、Jack Strawに手紙を書き、書籍回収を訴えたことも、議論に拍車をかけました。ここまでの流れは、日本における少年Aの手記を巡る動きに大変よく似ています。

ただし、大きな違いは、イギリスの場合は、ここで政府が実際にアクションをとったことでした。政府の動きは早く、1998年から1999年にかけて、政府内で検討会が実施されました。犯罪者に関する書籍の出版を包括的に禁止する法律を作る、もしくは、法を改正することは、現実的に困難と考えられたため、犯罪者が、出版により利益を得ない仕組みを作ることが提案されます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

serikomo 「24人のビリー・ミリガン」はいいのかな。 2年以上前 replyretweetfavorite

inagakikenji 表現の自由は守るけど、犯罪者も出版社も儲けさせたくないね。。。 4年以上前 replyretweetfavorite

inaruna @miz_ryosuke このエッセイにも書いてあるんですが、日本で「サムの息子」法を実施しようとすると、英国と同じような問題があるようで… 4年以上前 replyretweetfavorite