​『海街diary』 坂道をのぼる少女

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという豪華キャストで、吉田秋生の『海街diary』を是枝裕和監督が映画化! この話題作をブロガーの伊藤聡さんが読み解き、見どころを紹介します。

『誰も知らない』(’04)、『そして父になる』(’13)などの監督で知られる是枝裕和の最新作は、吉田秋生の原作コミック『海街diary』の実写化。鎌倉に暮らす三姉妹のもとに、15年前に家を出た父親の訃報が届くところから、映画は始まる。父親の葬儀のおこなわれる山形へ出向いた彼女たちは、異母妹である14歳の少女、浅野すずと出会う。三姉妹の長女、香田幸(さち)は、すずを鎌倉の家に呼びよせて四人での生活を始めることを提案し、すずは彼女たちの家へ移り住む。美しい風景や趣のある街並み、ローカル線の風情など含めて、同じ鎌倉を舞台にした作品を手がけた監督、小津安二郎を彷彿とさせる家族映画としてもたのしめる*1

『海街diary』は「事情」にまつわる物語である。四姉妹の生活を通じて描かれるのは、誰しもが生きていく上で抱え込むことになる、抜き差しならない事情の数々だ。事情はいつの間にか生活に忍び込み、気がつく頃には身動きが取れなくなっている。それはたとえば不倫であり、離婚であり、家族不和や借金であったりする。事情を抱えた人びとは、複雑な状況とどうにか折り合いをつけながら暮らしていくほかない。

ここで問題なのは、ある種の事情は他人からの理解を得にくい点である。仮に「不倫」という単語だけを取りだしたとき、言葉の持つ否定的な響きがあまりに強いものだから、受ける印象はとたんに単純化されてしまう。たいていの人はそこにだらしなさや無責任を読み取り、非難の目を向け、好奇心をもってうわさをすることになるだろう。結果的に、事情を抱えた人びとは他人から向けられる非難の視線を内面化し、つねに自分を罰するような心持ちで生きていくほかなくなる。不倫関係だった両親のもとに生まれた子どもであるすずは、「私がいるだけで、傷ついている人がいる」と感じながら日々をすごしている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masaminist 『海街diary』 坂道をのぼる少女| 5年以上前 replyretweetfavorite

ggersyon 『海街diary』 坂道をのぼる少女| 観たときに小津・・・と感じ、きっと映画ファンなら皆思うはずと思い、小津とは言いたくない。 5年以上前 replyretweetfavorite

isoldenuts 役者と監督がいいからね。 http://t.co/QB7AeKhucp 5年以上前 replyretweetfavorite

ora109pon 『海街diary』 坂道をのぼる少女 | 5年以上前 replyretweetfavorite