第57回】してもしなくても怒られる若者のセックス

「日本家族計画協会」が発表した「男性の性交経験率が5割超えるのは29歳」というデータが、誤りであることが判明しました。散々「草食化だ」「若者のセックス離れだ」と各メディアで紹介されていたのが一気に沈静化。それでも誤ったデータであることがわかって絶望している人たちもいたとか? そんな若者における「童貞」と「セックス」について、元童貞のふたりが熱く語り合います!

2015年3月第1週の主なできごと
・長野県北部・中部の広域で停電。新幹線も運転見合わせ。(3月2日)
・中川郁子農水政務官が年下代議士と不倫報道(3月5日)
・愛川欽也アド街降板。1000回スペシャルでラスト出演。(3月6日)
・構想から半世紀。首都高中央環状線が全線開通(3月7日)
・AKB48の五輪参加は「まずありません」秋元康氏明言(3月7日)

若者はなぜセックスをしないのか?

速水健朗(以下、速水) 今週のテーマは、若者のセックス離れの話。

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) まず、日本家族計画協会が1月に発表した「男女の生活と意識に関する調査」の結果をもとに、メディアがこぞってセックスをしていない若者、とくに男性に対して「草食化」だ「絶食化」だと報道。そして盛り上がっていた矢先、なんとそのデータ自体が間違っていたことが判明しました。

速水 そもそもは、男性の性交経験率が5割を超える年齢が、この10年ぐらいずっと19歳だったのが、2014年の調査で一気に29歳になったという話だった。

おぐら この10歳の差は、とてつもなく大きいですよね。でもその後データが訂正され、実際は1歳上がっただけの20歳であると。

速水 この誤りをスクープしたのは、TBSラジオ『荻上チキ Session 22』だけど、これが人道的にいいことだったのかどうか微妙っていう(笑)。

おぐら 29歳という数字に安堵していた性交経験のない人たちも大勢いたようで。無駄に失望させられる結果になりました。

速水 性交経験率が7割を超える年齢が24歳で、2012年の21歳から3年も遅くなっているという意味では、セックスにありつけない男性の増加自体はすすんではいるわけだよね。

おぐら 実際、こんなデータもあります。ゴムじゃないコンドーム「サガミオリジナル」でおなじみ、相模ゴム工業による調査結果では、20代男性の童貞率が40.6%となっています*1。だからといって、オヤジジャーナル*2が報じたような、若者がセックスに興味なくなったというのは、ちょっと違うかなと。したいけどできない、っていう人もかなりの数いますよね。
*1 「ニッポンのセックス」相模ゴム工業株式会社
*2 TBSラジオ『東京ポッド許可局』にて、芸人のプチ鹿島が提唱している「オヤジ発信でオヤジ界だけに響くマスコミ報道や切り口」のこと。

速水 ひとつはっきりしているのは、若者がセックスに興味があるかどうかはともかく、若者のセックス事情には、マスコミも世間も僕らもメチャメチャ興味あるということだよね。

おぐら 「若者のネット依存」とかもそうですが、テンプレ的な若者叩きのネタにされたという印象が強いですけど……。コギャルや援助交際が社会問題になった90年代だって、「初体験が12歳とはけしからん!」とか散々言われてましたし、とにかく叩きたいのかなと。

速水 今は逆に体験年齢の上昇が嘆かれている。結局セックスはしてもしなくても嘆かれるんだよ。そこら辺にこの問題の本質がある気がする。でもさ、実際セックスって表に出てこないものだから、いざデータとなって可視化されるとおもしろいんだよね。『セックスと恋愛の経済学』(東洋経済新報社)って本が最近出てて読んだんだけど、これの中の女性のセックスの回数と社会階層の話もおもしろかった。この本によると、性規範とは関係なく、低学歴の下級労働者層と超高学歴の最上級労働者層の女性は、セックスをしまくるんだって。下層は、ヤリマンだと思われようが、思われなかろうが、ろくな仕事はないし、ろくな男と結婚できないのがわかっているからセックスに躊躇がない。

おぐら なんて暴論……。でもセックスのハードルを、規範ではなく、キャリアや結婚に結びつける着眼点は本質を突いてますね。

速水 反対に、高学歴・高収入の女性たちは、評判が落ちたところで自分たちの将来は確約されているから、セックスに躊躇がない。つまり、格差の壁がある状態ではセックスが乱れる。一方で、おしとやかな女性であることにメリットがあるのは、ミドル層の女性たち。彼女たちがやりまくらないのは、自分の評判が結婚相手の選択に影響を与えるから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kabothomas 貞淑にメリットがあるのはミドル層の女性達。自分の評判が結婚相手の選択に影響を与えるから。 してもしなくても怒られる若者のセックス|速水健朗 @gotanda6 /おぐらりゅうじ @oguraryuji |cakes https://t.co/k2sYzmohrU 4年以上前 replyretweetfavorite

info_cat #economics #japan #競争社会 #資本主義のゴミ箱 4年以上前 replyretweetfavorite

0501Can してもしなくても怒られる若者のセックス| 4年以上前 replyretweetfavorite

YumiYumilyn ふーん。。。 4年以上前 replyretweetfavorite