日本の文庫出版を変えた編集者[後篇] 採録・大森望のSF喫茶

この春、スタニスワフ・レム『ソラリス』で通巻2000番を迎えるレーベル「ハヤカワ文庫SF」。〈SFマガジン〉の4月号では3号連続の大型特集「ハヤカワ文庫SF総解説」を開始し、この快挙を盛り上げています。五反田ゲンロンカフェの人気シリーズ「大森望のSF喫茶」でも1月29日、この企画と連動する形でSF編集者2名が登場。第1部後篇では森氏の日本人作家との関わりと、あの大型シリーズの誕生秘話に迫ります。

—カバーを描かれた有名漫画家たちもそうでしたが、森さんは日本人のSF作家も、すでに他のジャンルの第一線でも活躍していた方々をたくさん起用されていますよね。先日亡くなられた平井和正さんもそうでした。半村良さんについても、森さんが再発掘されたとか。

 そうですね。半村良さんからは「自分を再生させてくれた」と言われました。「鳴かず飛ばずで小説家をやめようと思っていたとき、君が長篇を書かせてくれた」と。SFマガジンは毎年2月号が創刊記念号にあたるのですが、そこで日本人作家の特集をよく組むんです。1970年の2月号は私が2代目編集長になって初めての日本人作家特集号で、そのとき依頼した作家のひとりが半村さん。書いてきたのが「赤い酒場を訪れたまえ」という短篇でした。


〈SFマガジン〉1970年2月号目次。半村氏のほかにも、日本SFのオールスターが揃い踏み。

 読んでみてすぐわかったんですが、これは本当は長篇構想があって、その氷山の一角だけが水の上に出ている。そういう壮大な構想のごく一部分だけを短篇にしたような構成だったのね。お会いして「半村さん、これ、本当は長篇だろ」って言ったら、正直言って、半村良は涙ぐみましたよ。これは彼がエッセイに書いているから言えるんですけど、「実は自分はもうSF作家としては芽が出ないと思っていた」と言うんですね。

「いやそんなことはない、これはすごく面白いから、ぜひ長篇にしてくれ」と頼み込んで、それから半年以上かけて半村さんが書き上げてきたのが『吸血鬼』というタイトルの長篇だったんです。そしてこれが、今の『石の血脈』の原型。『石の血脈』というタイトルは私がつけました。彼はちょっと不満そうでしたが、「吸血鬼」というタイトルはすでに早川書房から別の作品で刊行していましたし。

—リチャード・マシスンですね。のちの『地球最後の男』。

 そうそう。ハヤカワ・SF・シリーズから『吸血鬼』が出ていたんです。幸い、『石の血脈』というタイトルも多少は効果があったみたいです。

—平井和正さんの『狼の紋章』は、当時としては画期的な文庫書き下ろし長篇ということでも話題になりました。これは森さんが依頼されたんですか?

 そうじゃないんです。彼はすでに『幻魔大戦』や『ウルフガイ』、『8マン』などの漫画原作をいろいろ書いていて、そちらのほうですっかり名前が通っている人だったんですが、SF作家としてはまだほとんど無名に近い状態だった。彼自身は、SF作家としてやっていきたかったわけですから、自分が考えた《少年ウルフガイ》のアイデアを、出版のあてもないまま、小説に書いていたんです。

—立風書房から単行本化された『狼男だよ』に編集者が著者に無断で何百箇所も手を入れるという改竄事件があって平井さんが激怒、そのトラブルのあおりで、干されたみたいなかたちになっていた時期ですね。

 それで、私がSF文庫を創刊したときに、絶版になっていた『狼男だよ』をもらえるかと聞いたら、「うん、あげる。じつはほかにもあるんだ」と言うんですよ。『狼の紋章』と『狼の怨歌』という小説をもう書いちゃった、と。「いや、出版のあてはないけど、小説にしたいんだ」って。欲しいといったら、喜んで送ってくれました。

 文庫書き下ろしというのはすごく貴重ですから、まずは『狼の紋章』『狼の怨歌』を続けて出して、そのあと『狼男だよ』を刊行しました。それでハヤカワ文庫SFで《アダルト・ウルフガイ》と《少年ウルフガイ》の揃い踏みが実現したんですけど、そのあと〈小説宝石〉に連載していたのもぜんぶ僕にもらえて『狼白書』や『狼よ、故郷を見よ』とか、中篇をまとめたやつを出すことができたんです。日本作家としては、これが一番ウケました。

込山 生頼範義さんの表紙と口絵がものすごく衝撃的なシリーズでしたね。

—10歳の誕生日のとき、同級生に「何でもいいからSFをくれ!」って言ったら、出たばかりの『狼の紋章』と『狼の怨歌』をプレゼントしてくれたんです。ただ、あまりにも口絵がものすごくて……肌も露わな青鹿晶子がバーンと出ている生頼さんの絵があって、こんな本が母親に見つかったらたいへんだと思って(笑)、カバーをはずして、口絵を破りとって、裸の状態で保管していました。いま見てもかなり過激ですが……社内で反対の声はなかったんですか? 小中学生にこんなのを読ましていいのかと(笑)。

 いや、私、小学生のことまでは頭にありませんでした(笑)。SFの読者に年齢は関係ないと思っているので。中高生から70代のおじいさんまで含めて、SF好きな読者だったら大歓迎という立場でした。中高生が多かったのは確かですけどね。ちょっとアダルトな要素も、それがSFでうまく活かされているんだったら全然問題ないと思います。

—そもそも、《火星》シリーズの武部さんのイラストから、デジャー・ソリスの肌も露わな口絵があったわけですからね。

 とにかくそうしたわけで、最初は国内の小説もこのSF文庫から出させてもらっていたんですが、1973年には文庫JA(Japanese Author)というシリーズを新たに作って、日本人作家は別枠にしたんです。

—その時点で、ハヤカワSF文庫がハヤカワ文庫SFになるわけですね。僕はまさにJA世代で、中学生時代に文庫が創刊したので、1番の『果しなき流れの果に』から順番に読んで日本SFの歴史をたどっていったんですが、まあJAの話題はまた、文庫JAが2000番に到達したときにお願いします(笑)。


●世界最長のスペース・オペラ《ペリー・ローダン》翻訳開始!


—文庫SFの初期のころの話では、《ターザン》や《ペリー・ローダン》のシリーズ開始もありましたよね。

 《ターザン》は、実は私はけっこう思い入れがあって、バロウズといったら《ターザン》だろうと。ところがどこも出していないので、私のところで全部出そうと思って、《ターザン・ブックス》というシリーズ名もわたしがつけたんです。何度も言いますけど、版権がないわけですから。これは出しますよね。ただ、未刊のものもいくつか出てしまいました。差別用語や政治的な過激さから、日本で刊行するには少々問題があったんです。

—《ペリー・ローダン》の企画はどうやって始まったんですか。

 これも実を言うと、福島さんがボツにした企画だったんです。ドイツ語の原書が版権代理店からまわってきたので、読んでみたらドイツ流のスペースオペラで、これはいけると思った。でもそのときはボツになっちゃったので、こっそり懐に入れておいて、SF文庫を始めたときに新しいシリーズとして再び企画を出しました。これも版権料がものすごく安かったんです。100冊で100ドル。1冊1ドルですね。

—伝説になりますね(笑)、あの《ペリー・ローダン》の最初の版権料が、何と100ドルだった!

 しかもそれが、大当りでしたからね。ドイツ文学者の松谷健二さんに翻訳を依頼して、少年ものの企画でも活躍していた依光隆さんに挿画をお願いしました。量が多いので、この人たちだったら締切を守ってくれるだろうというのもあってね。ふたりそろって、いいコンビにできたと思います。

—それが大反響を呼んで、今なお早川書房の屋台骨を支え続けているというのがすごいですね。しかも、ローダンの歴史のなかで今がいちばん冊数も出ている。

込山 そうですね。今は月に2冊、年に24冊も出ています。

—だから、ハヤカワ文庫SFは2000番に到達しますけど、そのうちの500点近くは《ペリー・ローダン》ですよね。実に4分の1がローダン。

 すごいなあ。やっぱり嬉しいね。

—本当は森さんのお話だけで1回まるまる喋っても足りないぐらいですが、語るべき文庫SF2000点のうち、まだ1850点ぐらい残っているので……。あ、でもいま《ペリー・ローダン》を済ませたから、500冊は終わりましたね(笑)。

込山 あと1200冊くらいですね(笑)。

—残りは込山さんを中心に、1200冊、1冊3秒で語っていただきましょう(笑)。

《続く》


SFマガジン隔月刊化第1弾の4月号は、好評発売中。
これまでより96P増の376ページ、税込定価1296円にておとどけします。
2000番到達記念特集「ハヤカワ文庫SF総解説 PART1 1~500」は、
117ページの完全保存版、496点すべての書影をカラーで収録しています。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

SFマガジン

この連載について

初回を読む
ハヤカワ文庫SFを創った人々

大森望

この春、スタニスワフ・レム『ソラリス』で通巻2000番をむかえるレーベル、ハヤカワ文庫SF。〈SFマガジン〉4月号では3号連続の大型特集企画「ハヤカワ文庫SF総解説」によりこの快挙を盛り上げています。 五反田ゲンロンカフェの人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

se_sugar 1970年2月号のSFマガジン創刊記念増大号の目次が見られた。初めて買ったSFマガジンだった気がする。懐かしい。どれも,必死に読んだ気がする。https://t.co/umfAxYwMP6 #SFマガジン #SF読者クラブ https://t.co/2AEIv0UWMM 2年以上前 replyretweetfavorite

marumizog その②(cakesは会員登録が必要なんですが、6時間だけ誰でも読めるアドレスを発行できる) 2年以上前 replyretweetfavorite

_kobashi 平井和正、亡くなってたのか。 4年以上前 replyretweetfavorite

kokada_jnet 自分は少年ウルフガイがあまり好きでなくて、アダルト派だった。ユーモア文学としてのSFに惹かれ続けていたことを再認識。>採録・大森望のSF喫茶| 7年以上前 replyretweetfavorite