もはやバイトが冷蔵庫に入ったくらいじゃ満足できない【ゲスト・やまもといちろう】

書籍化記念特別企画第二弾ということで、今回はなんと、やまもといちろうさんにお越しいいただきました。炎上ウォッチャーとして、また、ご自身もたくさんの炎上を経験をされているやまもとさんに、2014年の炎上案件についてうかがいました。とんでもないニュースが目白押しだった2014年、小保方は、佐村河内は、百田尚樹は、イスラム国は、一体なんだったのか。この奇跡の当たり年を振り返ります。
『すべてのニュースは賞味期限切れである』イベントのお知らせ
速水健朗×おぐらりゅうじ×山内マリコ「2015年、とれたて炎上案件を語る」
12/26発売『すべてのニュースは賞味期限切れである』(アスペクト)の刊行を記念して、フリーライターの速水健朗さんとおぐらりゅうじさんのトークイベントを行います。 ゲストはなんと作家の山内マリコさん! 佐村河内、STAP細胞からはじまって、アナ雪、ヘイトスピーチ、衆院選までいろんなことがありすぎた2014年も終わり、はたして2015年はどんなことが起きるのか?

日時:2015年1月22日(木)午後7時~
会場:西武池袋本店別館8階  池袋コミュニティ・カレッジ4番教室
参加チケット:1000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910
http://www.libro.jp/s/blog/ikebukuro/event/2015122.php

「本物の炎上とはこういうものさ」

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) この連載の単行本刊行記念としてビッグゲストをお呼びしようという話になり、ここはぜひ、やまもといちろうさんに来ていただこうと思いまして。

速水健朗(以下、速水) 今日はお越しいただき、ありがとうございます。でも本当は、はあちゅうさんに来て欲しかったんです……。

おぐら は??

やまもといちろう(以下、やまもと) え、断られたの? ざまあ(笑)。

おぐら ちょっと速水さん! またいい加減なこと言って! オファーすらしてないじゃないですか!!

速水 えー、でもさぁ、はあちゅうは来てくれなさそうじゃん。「私に何のメリットがあるんですか?」とか言われそう。

やまもと そうね。まあ、オファーしたけど断られたってことにしておいた方が素敵ですけどね。

おぐら なんですか「素敵」って……。

速水 残念ですね。僕らタキシード着て、はあちゅうを骨董通りの赤肉のお店で接待するつもりだったんですけど。

おぐら どうしていきなりはあちゅうさんの話をしているのか分かりませんが……。しかも、まったく本題と関係ないし、そもそも嘘だし。

速水 じゃあ気を取り直して、さっそく3人で2014年を振り返っていきましょうか。

おぐら 「じゃあ」ってなんだよ……。

速水 ネットウォッチャーでもあるやまもとさんは、いろいろなネット炎上を見てきたと思いますが、2014年を振り返ってみると、一体どんな年でしたか?

やまもと 2014年って結構2013年からの流れを引きずっていて、2013年は、アイスケースにバイトが入って写真をTwitterにアップしてみんなが激怒みたいなものが炎上だったわけじゃないですか。

おぐら そういった投稿に「バカッター」という名前が付いて、2013年の新語・流行語大賞の候補語にもなりました。

やまもと 一般人がTwitterという道具を使って余計なことをやらかして問題を起こして、それがネタになってテレビだとか週刊誌だとかにまで取り上げられた。SNSの時代だって言われるようになり、実際、何事も一般ピーポーの炎上案件はネットが発信元という流れがしばらくあったわけですよね。

速水 馬鹿がネットツールによって可視化されちゃう流れがずっとあった。

やまもと そうそう、素人の一発芸みたいな感じで。

おぐら 言葉を介さない写真は分かりやすくて拡散も早いですから。

やまもと そんな世界から一転、2014年になると、まず、その小保方さんが出てきて、どひゃーとなって、佐村河内氏が出てきて、すごい才能の輝きがリアル社会を覆うようになる。「本当の炎上とはこういうものさ」っていうのを見せつけられた感が。

速水 「カッコイイとは、こういうことさ。」みたいでかっこいい(笑)。

おぐら なるほど。2014年は大学生のバイトが冷蔵庫に入るぐらいでは、みんな燃やす気にもならなくなってしまったと。成功すればノーベル賞クラスの理研が命運を賭けたプロジェクトとか、NHKスペシャルで取り上げられる「全聾の天才作曲家」レベルでないと、もはや炎上と言えないというか。

速水 まあ規模が違うね。いくらバイトが冷蔵庫に入っても人は死なないけど、STAP細胞に至っては人死んでるし。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toshiro 「2014年になると、まず、その小保方さんが出てきて…「本当の炎上とはこういうものさ」っていうのを見せつけられた感が」 4年以上前 replyretweetfavorite

metama_ アルカイダがドン引きするイスラム国の残虐性|「あんな残虐でいいのかって話を本当にアルカイダの連中が言っていたのをテレビで見ていたんですよ」 #やまもといちろう /速水健朗/おぐらりゅうじ | https://t.co/Oar72f81D4 4年以上前 replyretweetfavorite

tadanobutadesu 面白そう"@cakes_PR: やまもといちろう登場!2014年の炎上を語ります。 速水健朗 @gotanda6 おぐらりゅうじ @oguraryuji やまもといちろう@kirik http://t.co/IIS87AJwkY http://t.co/ajQ43H596t" 4年以上前 replyretweetfavorite

m_um_u ニュースを消費する人たち(後期近代のアンテナ型情報人間たち)のリアリティというものだの 4年以上前 replyretweetfavorite