chapter1-1 幸せだった日々

東京の街を見下ろしながら談笑する2人の男。秘密の恋愛テクノロジーを習得して、全てが変わった僕。しかし、1年前までの僕は、非モテの惨めな人生を送っていた……。
藤沢数希さんが描く純愛小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」の連載がスタート!
また、note(ノート)では、政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けする人気のメルマガ『週刊金融日記』の継続購読がスタートしました。メルマガのバックナンバーも全て購読できます。

プロローグ

「バーで話しかけたショートカットの女子大生はどうなった?」

「最初のディナーで仕掛けたイエスセットが上手くいきました」と僕はこたえた。「僕の家に誘ったら、あっさりとイエスでした」

「ナースの女は?」

「クラブで数当てマジックルーティーンが決まった娘ですね。週末にカフェで会って、Cフェーズをクリア。あとはいつものDVDルーティーンで、難なく連れ込めました。最終抵抗もまったくありませんでした」

「もうひとりクラブでいい感じになってた女がいたよな。誰だったっけ、読者モデルの……」

「麻友だったら昨日の夜の11時に、一言メッセージ送ったら、すぐに僕のところにすっ飛んできましたよ」と僕は言って、携帯に入っていたメッセージのやりとりを見せた。「完全にトリガーが引かれてますね」

 その男は、やれやれ、といった表情で僕を見て笑った。

 僕も笑い返した。

 東京の街を見下ろしながら静かに乾杯をして、冷たいビールを喉に流し込んだ。台風が過ぎ去った後で、空気は限りなく透明になっていて、遠くのビルまではっきりと見える。数え切れないほどのビルがキラキラと光っている。

「この東京の街は、僕たちのでっかいソープランドみたいなもんですね」

「ああ、無料のな」


 彼に出会う前まで、僕は非モテコミットとフレンドシップ戦略を繰り返す、その他大勢のセックス不足の男のひとりに過ぎなかった。結婚まで考え、すべてを捧げていた恋人にコケにされ、見返してやろうと他の女に近づいても相手にされず、掃き溜めのような人生を漂よっていた。しかし、彼が教えてくれた数々の恋愛テクノロジーが僕のすべてを変えたのだ。

 ちょうど1年前の夜、とあるバーで彼を偶然見つけた。それから東京を舞台に、奇妙だが最高にエキサイティングな、僕らの大冒険がはじまったのだ。僕は男たちの欲望を実現するための秘密のテクノロジーを手にしてしまった。

 恋愛工学。

 いまでは金融や広告など様々な分野が数理モデルに従って動いている。かつては文系人間のガッツでまわっていたこうした業界は、いまや複雑なアルゴリズムを操るオタクたちが牛耳っているのだ。だったら、恋愛だって同じことになりはしないだろうか? 答えはイエスだ。恋愛市場でも、科学的な方法論が密かに開発されていたのだ。

 僕は、世界最大の半導体メーカーIntelの元CEO、アンドリュー・グローブの言葉を思い出した。

 "Technology will always win."
 (最後にはいつだってテクノロジーが勝利する)


 ひとりで夕食を終えてからオフィスに戻ると、所長の青木さんとアルバイトの美奈を残して、他のスタッフは帰宅していた。パーティションで仕切られたそれぞれのデスクには、大量の書類が積み上げられている。僕は席について、山積みの書類をかきわけた。あるベンチャー企業に対して起こされていた特許権侵害訴訟のリサーチをしていて、ここ数日、分厚い裁判資料や関連文献を読み込んでいた。クライアントの発明を聞いて、それを特許申請するという伝統的な特許事務所の業務からは少し離れているが、青木さんが引き受けてきた案件だ。急ぎの仕事らしく、たまたま手が空いていた僕に投げられた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。 ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

isennite @hakulo765 https://t.co/mTXSV9wnij 1年以上前 replyretweetfavorite

kazu_fujisawa "Technology will always win."(最後にはいつだってテクノロジーが勝利する) -- Andy Grove https://t.co/AQ2hka44ie 1年以上前 replyretweetfavorite

honoka0818 アフタヌーンで漫画化された「恋愛工学」。「この東京の街は、僕たちのでっかいソープランドみたいなもんですね」とかシュール過ぎて草 https://t.co/3I1heHXIHH 1年以上前 replyretweetfavorite

sana021902 購入をお勧めします。この内容を本一冊の代金で学べるなんて信じられいですよ“@kazu_fujisawa: 1章はcakesで無料で読めます。 https://t.co/cxnRihwh52 > ” 約2年前 replyretweetfavorite