牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」第三十話

退去した隣人タエコと喫茶店で偶然の再会。友人との会話に聞き耳を立てていると聞こえてきたのは、タエコの昔の仕事、今の仕事、そして加寿子荘のことだった。
築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

 仕事場ではイラストに集中できるのに、文章には集中できない。だからここのところ、私は加寿子荘近くのチェーンの喫茶店にパソコンを持ち込んでよく仕事をしております。なんたる非効率。

 その日曜の昼も私は喫茶店で画面をにらんでカタカタやってたんですが、ふと入口を見たときに、ちっちゃくて小太りなおばちゃんが入ってきて、「ほらほらタエちゃん!」と。
 すると、後ろからエメラルドグリーンのポロシャツに白いスカートの人がついてきて、それは「タエちゃん」だったんだ。タエコだったんだ。タエコ、ふたたび!

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード