​本屋さんの意味が変わった

今回は本屋さんについてのお話です。街の本屋がどんどん減っていく中、林伸次さんのお店がある渋谷は今でもたくさんの書店が存在しています。昔から書店を利用し続けている林さんだから感じる、「本屋さんの意味」の変化について考えます。

本屋さんにふらっと立ち寄る意味

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

最近ちょっと気になっている雑誌がありまして、仕事で必要というほどでもないから、本屋さんで中を軽くチェックして、良かったら買おうかな、なんて思っているんです。

僕が店にいくまでの間でよく寄る本屋さんって、渋谷センター街入り口の大盛堂書店と渋谷TSUTAYA、そして渋谷LOFTの中の紀伊國屋があるんですね。そこにその雑誌、売ってるかなあ、まあ売ってるだろうなあ、とは思うものの、売ってなかったら、いつも出勤で通っている道とは違うちょっと遠回りのルートを使わなければいけません。

僕が出勤で使っている道では、他にも啓文堂書店とMARUZEN&ジュンク堂書店があるのですが、それぞれビルの地下とビルの最上階なんです。特にジュンク堂はとても広くて、行ったら絶対にあるのはわかっているのですが、ちょっと躊躇してしまいます。

ところで昔は、今H&Mが入っているビルにまるごとブックファーストっていう本屋さんが入っていたんです。そこがあった頃は、別に何の目的もないのに、3日に1回くらい、ふらっと立ち寄っていたんですね。

立ち寄って何をしていたかというと、最近出た雑誌を表紙だけ眺めて、気になる特集があれば手に取って中をパラパラッと見て、気になったら買うし、それほどでもなければまた隣の雑誌をパラパラッてことをしたり、新刊のコーナーにいって、「あ、村上春樹の新刊出たんだ」って気づいてそれをレジに持っていったりしていたんです。

今だと村上春樹の新刊が出るのは本屋に行く前から知っているんです。何かとSNSのタイムラインに流れてきますから。なんならどんな内容かも知っているくらいです。でもインターネットがなかった頃は、本屋さんで「あ、こういうの出たんだ」ってそこで初めて知ったんです。

雑誌って若い人は想像がつかないと思いますが、インターネットがなかった頃は、「銀座にGINZA SIXという商業施設ができて、こういう店舗が入っているらしい」っていう情報とか、「こういうアーティストが来日予定で、こういう人たちがオススメしていて」っていう情報とかは、みんな雑誌でチェックしていたんです。

もちろんテレビやラジオや新聞でも、そういう情報はなくはないのですが、その3つに出るってことは、もはや「世の中の誰でも知っている情報」だったんですね。それが雑誌だと、雑誌ごとの特徴があって、その雰囲気が好きな人が「この雑誌がそこまでオススメするんだったらこの映画チェックしておこうかな」っていう風に参考にできたんです。ちょうど今の、「インフルエンサー」と同じ感じでしょうか。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
林さんの小説が文庫化されました

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

__comfort__ 本屋さんの意味が変わった|林伸次 @bar_bossa | 29日前 replyretweetfavorite

Bookness2 本屋さんの意味が変わった https://t.co/DM8B0wfrTT 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

KENKADOUJP https://t.co/YkCIxxrTHj 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

klifelog カウンター越しのなにげない与太話を、こうしてコンテンツにしてもらえるのは面白いなぁ。 https://t.co/JF1vwHFC5n 約1ヶ月前 replyretweetfavorite