便利なチルドうどんは何を選ぶ? 最終回を飾る「いちばん」はこれ

毎回樋口さんの「いちばん」を紹介してきた本連載も今回で最終回。最後に取り上げるのは「うどん」です。乾麺、チルドうどん、冷凍うどんといろいろな種類がありますが、どれを選べばいいのでしょうか。材料も大事ですが、「作ってくれる人や食材に感謝を」と語る樋口さん。最後のメッセージもぜひお読みください。

cakesの連載はnoteに移行します。

こんにちは。読者の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

ご存知の通りcakesが8月でサービスを終了することになり、それに伴ってこちらの連載も最終回です。4年前にcakesで〈おいしい」をつくる料理の新常識〉という連載をはじめたときの「新しい世界に足を踏み入れた」感覚は今でも憶えています。『「おいしい」をつくる料理の新常識』はnoteに移行するつもりなので、よかったら読んでください。

さて、次にはじめた連載がこちらの「樋口さん、どれがいちばんですか?」です。料理は人の営みの一部。作る人の環境や状況によって最適解が異なり、万人にとっての「いちばん」などない世界です。それでも「ぼくの」いちばんをお伝えするというスタンスで、回数を重ねてきました。

第一回目のテーマに選んだのは塩です(『いい塩を使えば料理はおいしくなる? いちばんオススメの塩はコレ!』)。料理のはじまりにして、最後に残る調味料だと思います。ぼくのオススメは、ごくふつうの『食塩』で、それは今も変わってません。

一方、違う製品を紹介したほうが良かったかな……と思うものも出てきます。フライパンを紹介した第4回『「鉄のフライパンのほうがおいしくできる」の真実』という記事では「アイリスオーヤマ フライパン シルバー 26cm」「マイヤー フライパン スターシェフ2 フライパン 24cm or 26cm」をおすすめしました。

IHを前提とした場合、ステンレスでアルミを挟み込んだクラッド鋼のフライパンがいちばんで、実際加熱ムラも少ないです。一方、この鋼材のフライパンは「重い」という弱点もあり、ガス火を使っているのであれば軽いフライパンも選択肢に入ってきます。

現時点でのベストなフライパンは…?

その点を踏まえるとぼくが一番気に入っているフライパンがこちら。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki 樋口さん連載も最終回に。この連載では本当にいろいろ買い物した。台所と食事が完全に変わりました。樋口さん、長い期間ありがとうございました!!! @naoya_foodlab | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

nop_pe 「おいしいものをつくるにはまず食材や料理に興味を持つこと。そして、それぞれの良さを理解し、慈しむことです。」慈しむよ‥!note移行は嬉しいけど、書籍化準備はどうなってるのか気になる。。 | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite