細田博之衆院議長が辞めない

今回取り上げるのは、記者へのセクハラを始め、様々な問題が取り沙汰されている細田博之衆議院議長です。報道後の立ち振る舞いから透けて見える、政治の問題を考えます。

「来週あたりもう一発ある」という日常会話

ずっと昔からそうだったとも言えるが、とりわけこの数年、政治家のスキャンダルをスクープする大半が『週刊文春』を中心とした週刊誌である。怪しい金の流れも、外出自粛が呼びかけられている中での夜の会食も、不倫やハラスメントの類いも、おおよそ週刊誌報道に端を発している。「あれだよね、『週刊文春』の場合、情報を小出しにして、相手の反応を見てから決定的なネタを出してくるから、来週あたりもう一発あるんじゃないかな」といった業界トークが、日常会話としても聞こえてくるようになった。「確かに。文春だし、音声もおさえているんじゃないかな」なんて会話が続いていくのだ。

「訴訟も視野に検討したい」

細田博之衆議院議長が辞めない。女性記者に対して深夜に「今から家に来ないか」などと電話したり、メールで繰り返し食事に誘ったりしていた。この記事に対して、細田議長は「訴訟も視野に検討したい」というコメントを発表している。一見、強気のコメントに見えるのだが、「〇〇も視野に検討したい」の「〇〇」に別の言葉を入れてみると、かなり弱気の時に使われる構文だとわかる。「あなたとのデートも視野に検討したいですし、もし出かけた場合には、高級焼肉も視野に検討したい」と言われた場合、ひとまずデートも焼肉もないと考えるのが妥当だろう。要するに、俺は逃げていないって感じを醸し出しながら、実際にどのように逃げるかを考え抜いた結果の文言なのである。

国会内で記者に追いかけられた細田議長は「自宅に呼んだこともないですか?」と聞かれ、そそくさと立ち去っている。自宅に呼んだことがないのであれば、立ち止まって「ありません」と答えればいいだけの話なのだが、それさえしない。数ヶ月前、CDショップを出る時に防犯ブザーがなってしまったのだが、自分はちゃんとお金を払った後だったので、その場で立ち止まって店員がやってくるのを待った。もし無言で立ち去ったら、店員はダッシュで追いかけてくるだろう。細田議長は、繰り返しブザーがなっているのに、足早に立ち去っている状態にある。

どちらが「言語道断」だろう
この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

武田砂鉄さんの新刊が7月19日に発売します! ぜひご予約ください!

べつに怒ってない

武田 砂鉄
筑摩書房
2022-07-19

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

goto_nasu 映画監督ならぬ、#細田博之 衆院議長をかばう細田「守」が政界・マス「ゴミ」にクローンのように増殖中? https://t.co/0WeN3xUJ61 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ActSludge ■(https://t.co/immtjBMsiG) 【ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 武田砂鉄 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ActSludge ■(https://t.co/immtjBMsiG) 【…武田砂鉄 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ActSludge ■(https://t.co/immtjBMsiG) 【…武田砂鉄…】(https://t.co/kMVxnmlL7A)/《…と述べている。具体的な証言が複数出ているハラスメント報道について、ひたすら逃げ回っている先輩がいる。それ… https://t.co/WY7u3T5BVH 約2ヶ月前 replyretweetfavorite