意外と知らない「ツナ缶」の分類と、品質で選ぶおすすめ商品

今回取り上げるのは「ツナ缶」です。売り場にはたくさんのメーカーからいろんな種類の商品が出ていますが、いったいどのように選べばいいのでしょう。樋口さんは「ファンシー」という言葉に着目。ツナ缶の分類についてもわかりやすく解説してくれています。

ツナ缶は「ファンシー」に注目

常温で長期間、保存できる缶詰は災害時にも役立つとあって、最近見直されている食材。ツナ缶は缶詰食品でいちばん身近な存在ではないでしょうか。というわけで今日はツナ缶の解説です。

ツナ缶はマグロやカツオをオイル又は水で煮たもので、「シーチキン」という名前でも親しまれています。ちなみにシーチキンという名前は原料のビンナガマグロの白い身が「海の鶏」と呼ばれていたことに由来する、ツナ缶最大手『はごろもフーズ』の登録商標です。

ツナ缶は多くのメーカーから発売され、実は種類が多く、適当に選んでいる人も多いでしょう。そもそも「なにが違うのか」という点が理解されていないのでは、と思います。

ツナ缶を選ぶためには前提となる知識が必要です。とりあえず価格を横に置いて、味で選ぶなら「ファンシー」というキーワードを憶えてください。僕がオススメする商品はこちら

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

plastic_candy 記事を読んで、「ツナ缶ってそんな違いがあったのか!」と、早速記事中で紹介されていた1缶450円の”ファンシー”缶と、3缶250円のツナ缶を食べ比べ… https://t.co/cpjblTx0ap 感想:どっちも美味しかった✨ツ… https://t.co/JbraEygjMD 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

junjun519c ツナ缶にも身分の違いがあったのか… シーチキンファンシー →びんながまぐろ(貴族) シーチキンLフレーク →きはだまぐろ(上流階級) シーチキンマイルド →かつお(平民) https://t.co/6CR8lrmQ1j 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

sawai0381 https://t.co/Sot6ydNXm0 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

delilah_nya へええ、ほんまに全然しらんかった! ホワイトとライトの意味さえ知らんかった!! 約2ヶ月前 replyretweetfavorite