借りパク奇譚

急に芽生えた恐怖心と驚き #21

【前回までのあらすじ】
これまでの「借りパク」を懺悔するために寺に集まった男女4人は無事に禊を終え、最後の儀式に進む。その儀式は、寺の住職・亮潤と一対一で面談を行い、個々に説教を受けるというものだった。主人公・竹中は、亮潤に話していないことまで言い当てられて驚く。さらに「竹中さんは時間を奪われています」と不可思議なことを言われーー。前回のお話はこちらからどうぞ

思考の途中、亮潤が切り込んでくる。また時間奪いの話か。

「……酒を飲んで眠くなるのは誰にだってあることでしょう?」

「はい、ただ竹中さんの場合は別です。竹中さんは現在、大した理由もなしに必要以上にお酒を飲み、それによって激しい睡魔に襲われ、寝てしまう。それが問題なんです」

「……確かに、私が酒を飲むことに、大した意味はないのかもしれません。ただ、やはり亮潤様の言っておられることは、荒唐無稽と言わざるを得ません。寝てしまうからといって、誰かに時間を奪われているというのは、話が飛躍しすぎではないでしょうか?」

「お気持ちはわかります。今、私が言ったことを無理に受け入れる必要はありません。もし、それを受け入れたいと思う時が来たら、受け入れればいい。ただ一つ、もし竹中さんが日常生活の中で、常に時間が足りないと感じているのであれば、一度お酒を控えてみるのもいいかもしれません」

……"時間が足りない" と悩んでいることもお見通しなのか。こんな個人的な悩みまで見抜くとは、さすがに、そろそろおれは、亮潤様の謎の能力を認めなくてはならないのだろうか。しかし、それを認めると、亮潤様の今の話も、さっきのクロエやボンネの話も、受け入れなくてはならない気がする。おれの中の深い部分では、まだ、やはりそれに抵抗していた。

確かにおれはいつも時間が足りないと思っている。ドラムの練習も、ツーリングやキャンプも、ベランダ菜園も、読書もDIYも、時間があればもっとやりたいと思っていることばかりだ。言われた通り、酒を飲んで、ヘロヘロしている時間を減らせば、それらに当てられる時間も増えるだろう。

「───そうですね。うん、やってみようかな」

「ええ、ぜひ試してみてください。きっと新しい風景が広がると思います」

「わかりました」

「すみません、もう少しだけ、荒唐無稽な話を続けていいでしょうか?」

「……はい」

「先ほども言いました通り、竹中さんの鍵が開けられたのは、大学時代の例の新入生歓迎会の時でした。以来15年間でおよそ3ヶ月分、竹中さんは時間が奪われていました。一度鍵が開けられてしまいましたので、以後あちらとしては竹中さんの時間を奪い放題だったというわけです」

「あちらというのはトオルさんのことですか?」

「はい。西村トオルです」

寒くもないのに鳥肌が立ったのがわかった。よみがえる記憶、歓迎会のワンシーンを思い出す。

───よお、西村! 会費を払えよ! 歓迎会の幹事だったベースの山根さんがトオルさんにそう呼びかけていた─────。

そうだ!……あの人の姓は「西村」だった。

客観的に見ると、おれは今、少し震えていて、その表情は強張っているのだろう。

「……そうです。思い出した。西村です。西村トオルです……なぜ知っているんですか?」

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
借りパク奇譚

宮藤宙太郎

この世にはびこる「借りパク」。それを懺悔し、みそぎができる寺があったら…? 今まで散々借りパクしてきたという悪友に巻き込まれる形で、みそぎに参加することになった主人公・竹中。そこに新たな2人の男女も加わり、奇妙な形で儀式が進んでいく。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません