アイデアは思いつくだけでは意味がない

世の中で新しく流行が生まれるたびに、耳にする言葉「それ、思いついていたんだけどなあ」。もしこの言葉を口に出したくなったら、その前にこの記事を読んでみてください。

訳せない言葉を集めてみたら

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

ある友人が、日本語が上手なアメリカ人と話していたときのこと。友人が、「はかない」という言葉を使ったら、そのアメリカ人が「はかないってどういう意味?」って質問してきたそうなんです。

そのとき友人は、「はかない」を英語訳した言葉を教えたそうなんですね。僕が今Googleで翻訳しても「ephemeral(短命)」「transient(一時的)」「fleeting(つかの間)」と表示されるのですが、そういう言葉だと「はかない」という日本語が持つ、「刹那的な美しさ」のニュアンスがどうしても伝わりませんよね。今回はそんな「訳せない言葉」の話題です。

訳せない言葉ってたまに見かけますよね。英語だけじゃなく、日本の方言でもよくあります。わかりやすいところだと、関西弁の「ぼちぼち」って標準語にうまく訳せません。「少しづつ」とか「まあまあ」とか色んなニュアンスが入っています。

「言葉が違う」ということは、やっぱり感覚が違うということだし、「見えている世界が少し違う」ということなのでしょう。だから、僕たちの言葉は、民俗によって国によって地域によって世代によって、属しているグループによって、少しずつ変わるのでしょう。

でも「訳せない言葉」って面白いですよね。訳せない言葉を集めた記事とか本とか読んでみたいです。この日本語は英語に訳せない、この名古屋弁は標準語に訳せないみたいな特集、どこかでして欲しいですよね。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
林さんの小説が文庫化されました

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

IuXaQsjzhWy8ctR https://t.co/aVpcRF8Ay6 3ヶ月前 replyretweetfavorite

motorkey 今まさにそう思ってます♩ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa 「それ思いついてたんだけどなあ」は禁止ですね。 3ヶ月前 replyretweetfavorite