借りパク奇譚

これは錯覚…?幻想…? #18

【前回までのあらすじ】これまでの「借りパク」を懺悔するために寺に集まった男女4人。奇妙な共通点が見えてくるなか、寺の住職・亮潤の先導により不思議な「ババ抜き」が始まる。そのババ抜きによって、主人公・竹中は一種のカタルシスのようなものを味わったのであった。前回のお話はこちらからどうぞ。

「はらい、整いましたので、次は表現し、創造しましょう」

亮潤の言葉を受け、ポチが再び皆に紙を配り始める。

うしとらたつうまひつじさるとりいぬ

紙には筆で書かれた干支の漢字が並び、丁寧に読み仮名まで振られていた。

「では紙をもったまま、炎を囲みましょう」

亮潤様に促され、おれたちは燃え盛る炎の周りへと移動した。

熱い。炎を前にして一気に汗が噴き出る。やはり近くに来るとその熱気は相当なものである。ポチが丁寧に育てた炎は、今や開始時にも増し血気盛んに踊っている。パチッ パチ と木が爆ぜる音がなんとも心地よい。

亮潤様は円には加わらず、炎から少し離れたところで座禅を組んで座った。その亮潤様の前にポチが大小様々な形の木魚を配置していく。一体何が始まるのか? 毎度のことながら先が読めない展開に、参加全員息を呑む。

ス─────────── ス───────────

ス─────────── ス─────────── ス───────────

木魚の配置が終わると、大きな音を立てながら亮潤様が呼吸を始めた。

深呼吸をさらにずっとずっと深くしたような、深い、深い、呼吸。もちろんあんな呼吸は、今まで見たことがなかった。

ス──────── ス────────

皆の緊張が増していくのがわかる。一呼吸ごとに亮潤様から醸し出される何かが明らかに変わっていく。眼光は徐々に鋭くなり、『名与の儀』で各人に名前を与えた、あの時を彷彿とさせる。

ス─────────── ス─────────── スゥ───────────。


ポッ ポッ ポッ ポッ


呼吸が止み、次に亮潤はゆっくりと、目の前の木魚を一定のリズムで叩き始めた。

「皆様、ゆっくりと炎の周りをお回りください」

亮潤が皆に指示を出す。

その指示に従い、おもむろに炎の周りを回り始める一行。

ポッ ポッ ポッ ポッ

木魚のリズムに合わせ、ゆっくりと炎の周りを回る。1周、2周、3周……。

「ではこれより、歩くのに合わせ、皆で順に干支を詠み上げていきましょう! ゆっくりと、確実に、詠みあげてください。では行きます。 はい!」

炎の周りをおよそ10周くらいしたところで亮潤が次の指示を出す。

おれたちは指示に従い、皆でタイミングを合わせて干支を詠み上げていく。

子  ポッ  丑  ポッ  寅  ポッ  卯  ポッ  辰  ポッ  巳 ポッ─────

干支の詠み上げが始まると、それに合いの手を入れるかのように木魚を奏でる亮潤。その音には広がりと深さを感じる。一音一音に魂を刻み込んでいる、そう言われても納得しそうだった。つられてか、おれたちの干支を詠みあげる声にも熱が入る。

─────申  ポッ  酉  ポッ  戌  ポッ  亥  ポッ─────

……一体これは? 一瞬我にかえり、自分は何をやっているのだ? と考える。全く訳がわからない。いや、そんなことは今に始まったことではないか、『懺悔の門』の開始からずっと、おれたちは訳のわからないことやっているのだ。

おれは覚悟決めて、元気よく、干支を詠みあげる。

戌  ポッ  亥  ポッ  子  ポッ  丑  ポッ─────

「もっとお腹から大きな声で!」

干支を10周言い終えたところ亮潤が叫ぶ。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
借りパク奇譚

宮藤宙太郎

この世にはびこる「借りパク」。それを懺悔し、みそぎができる寺があったら…? 今まで散々借りパクしてきたという悪友に巻き込まれる形で、みそぎに参加することになった主人公・竹中。そこに新たな2人の男女も加わり、奇妙な形で儀式が進んでいく。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません