塩と砂糖でもまったく違う。調味料入れの「選び方」を教えます

今回は塩や砂糖を入れる「調味料入れ」のおすすめをご紹介。と思ったのですが、なんと樋口さんの愛用品はすでに廃盤になっており、入手不可能。そこで意外と知らない「調味料入れの選び方」について解説します。例えば塩と砂糖では性質が全然違うため、使う容器も変わってくるそうです。

調味料入れはどうやって選ぶのか

この連載では塩や砂糖といった定番の調味料の「いちばん」をおすすめしてきました。ところで、塩や砂糖は袋のままだと使いづらいので、別の容器に移す必要があります。今日は使用頻度の高い塩と砂糖を保存する調味料入れについて解説します。

まずは材質から見ていきましょう。調味料入れにはガラス、磁器、陶器、プラスチック、ホーロー、ステンレスがあります。

お店では塩の保存にステンレスの角缶が多く使われています。ゴミやホコリが入らないように蓋は必要ですが、調理中の開け閉めがかんたんなのが重要。ステンレスの角缶が使われている理由は蓋にパッキンなどがなく、開け閉めが容易だからです。

ただ、ステンレスには弱点があります。傷がついたりすると塩と反応してサビが出てくるのです。そのため、家庭では陶器や磁器の調味料入れが重宝されます。陶器や磁器には割れる、というリスクがあるのはご存知の通り。

ステンレスと同様にホーローも表面の加工にヒビなどが入ると、内側の鉄が錆びてしまう恐れがあります。ガラスには「割れる」という弱点があり、プラスチックはガスコンロの近くで使ったりすると変形するリスクがあり、使っていると傷がついて曇ってきます。このように素材はすべて一長一短。誰にとってもベストな材質はありません。

材質の次に大事なのが口径

次に見るべきは口径。塩は少々、ひとつまみ、ふたつまみ、という具合に指で測ったり、小さじ1、大さじ1というように計量スプーンでとったりするので、ある程度の大きさが必要だからです。

また、忙しいお店では容器の蓋に穴が空いている「塩缶」という調味料入れを使っているところも多いです。穴が空いている「塩缶」の長所は「誰でも均一に塩が振りやすい」「多少、手が濡れていても問題なく使える」という点。一方、塩の量を計れないのでプロ向けです。また、パスタや野菜を茹でる時にたっぷりと塩を加えるときには難儀するので、家庭ではおすすめしません。

おすすめ商品は残念ながら廃盤に…

以上の点を踏まえて僕が使っているのはこちらの製品です。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuji_kawanojp へー、恥ずかしながら、固まる違いを知らなかったわ。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

sasakitoshinao 言われてみれば砂糖って密封してる方が固まる。そうだったのか。「水分で固まる塩に対して砂糖は乾燥が原因で固まる。砂糖の表面の転化糖が乾燥することで結晶化してしまうから」 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab 塩は乾燥を好み、砂糖には湿気が必要。意外と知られてない感があるのでは、と記事にしてみました。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite