引き揚げ列車だからこそ助け合う人たち

何日もかけてようやくたどり着いた奉天(現在の瀋陽)。港まではあと200キロ。しかしそこには、先に着いた列車が何台も立ち往生していました。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
『ひぐらし日記』待望の書籍化! 描き下ろしも収録!

ひぐらし日記

日暮 えむ
KADOKAWA
2022-02-02

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Ebifurai2 是非、是非、読んでください。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

8989gaburisuto 帰国まで、あと僅か。現実は、ドラマよりドラマですね。毎回、当時の方の心の声が、聞こえて来るようです。 https://t.co/kmTmuIJVr5 2ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 何故船が出ていなかったのかものすごく気になる。 2ヶ月前 replyretweetfavorite