侵攻の背後に見え隠れするロシアの思想、軍事、エネルギーと環境問題

共訳書であるヨハン・ノルベリ『OPEN(オープン)』(NewsPicksパブリッシング)が発売目前の山形浩生さんによる書評連載「新・山形月報!」。今回は、ウクライナ侵攻を踏まえて、イワン・クラステフらの『模倣の罠』やティモシー・スナイダーの『自由なき世界』という大著2冊を皮切りに、小泉悠の話題作やスティーブ・クーニン『気候変動の真実』などを論じます。

2月末からずっと、ぼくと同じようにウクライナ侵攻の様子をツイッターなどで、ほとんどリアルタイムで日々追い続けている人は多いと思う。戦闘自体の惨状もさることながら、その背後から出てくる、ロシアの本当に得体の知れない考え方—自分たちは不当に奪われた大ロシアの一体性を当然の権利として奪還しているだけで、ウクライナを助けてやっているのであり、侵攻も虐殺も一切していないという、目の前の現実すら否定する発想—が明らかになるにつれて、過去100年ほどの様々な進歩だと思っていたものが、突然のように崩れ去っていくような、まったく別の時代に連れてこられたような、信じがたい思いを抱かざるを得ないのは、ぼくだけではないだろう。

もちろん、どの国でもイカレた夜郎自大な改変歴史思想を本気で信じている人はたくさんいる。エライ政治家が愛国おとぎ話を真に受けている例は身近にもある。でも、それはあくまで周縁的で個人的な話だ。ロシアも国民動員のプロパンガンダ利用くらいはされていても、まさか国是としてふりかざされるとは思っていなかった。2020年のロシア憲法改正で「我が国はそもそも千年にわたる歴史を持ち〜」なんて文言がマジに追加されて目をむいたとはいえ、それも大衆向けリップサービス程度の話かと思っていた。

それが、侵攻直後の勝利宣言予定稿や、それ以前の取り巻きの書いた、ウクライナは歴史的にオレたちの属国だぜという文章などを見ると、ウクライナとの歴史的な一体性とか、大ロシアの帝国主義は民族融和の共存共栄モデルでした〜、などの世迷い言を、いささかのためらいも留保もなしに、どう見ても本気で主張している。そのあまりの異様さにちょっと感動して、勝手に翻訳までしてしまったくらい。こいつら(というかプーチン)、どこまで本気なの? なんでこんな発想がいつの間にか、でかいツラをするようになったわけ? いろんな本を見てみても、この捉え方は一定してない。

まずクラステフ&ホームズ『模倣の罠 自由主義の没落』(中央公論新社) は、プーチンやロシア上層部は決してそんなことを考えてはおらず、19世紀以前との考え方の類似性も表面的なものでしかないのだ、と述べている。変な歴史改変ファンタジーへの傾倒は、表向きでしかないということね。


模倣の罠—自由主義の没落

この本の主張は、ソ連崩壊で欧米自由主義一元論がいい気になっていたけれど、それを形式的に真似てもうまくいかない/そもそも真似る気のない世界各地が、様々な形でアンチ自由主義を強めていて、それは西側自由主義自体の偽善ぶりや上から目線のせいも大きいんだよ、というものだ。その中でプーチンの各種活動は、偉そうな西側自由主義への嫌味やあてつけや妨害となる攻撃的な模倣で、「オメーらだってダメじゃん」「ほれ、選挙すりゃいいんだろ」「人道の旗ふれば侵略してもいいんだよなwwww」という感じのものなのだ、という。

うーん、そういう面はおそらくあるんだろう。エドワード・スノーデンがロシアに逃げたとき、言論の自由だの人権だのをふりかざしてみせた、プーチンのあてつけがましい物言いはまさにそうした攻撃的な模倣ではあった。

が、それは原理的な思想や世界観ではなく、西側とやりあうときの戦術レベルの話でしかないんじゃないか? 結果的にそんな雰囲気になってきています、というのはわかる。また西側自由主義の反省点としては傾聴すべきだろう。でも、反自由主義全般や、ロシアと中国の全体主義的な動因の説明としては弱いと思うのだ。特に中国が、かなり決然と意図的に西洋式の価値観ややり方を拒否しているのを、模倣として解釈するのはあまりに強引すぎる。さらに訳者解説でも触れられているけれど、これでロシアのクリミア侵攻を説明はできないし、まして今回のウクライナ侵攻において、この話は背景情報の一つではあっても決定的なものではないと思う。(あと、通常は扉の裏とか目次の後とかにある原著の書誌情報がないんだよねー、この本。原著が何年に出たのか探すのにえらい苦労した。2019年の本か。)

これに対してティモシー・スナイダー『自由なき世界 フェイクデモクラシーと新たなファシズム』(慶應義塾大学出版局、上・下)は、プーチンが民族主義の三流デマゴーグ理論に次第に傾倒して、それがロシアの政策にはっきり影響するようになってきたと指摘する。そこで紹介されている、プーチンお気に入りの20世紀初頭ロシア愛国思想家イヴァン・イリインの思想は、確かに最近のウクライナ侵攻を正当化するロシアプロパガンダそのもの。マッチョな独裁者に強権支配されたロシアこそが世界を統べて秩序をもたらす救世国家となるのだ、という話だ。ちなみに、このイリインをプーチンに紹介したのは、あの映画監督ニキータ・ミハルコフだったという……。


自由なき世界 上:フェイクデモクラシーと新たなファシズム

そして、その思想を取り入れつつ、プーチンが新しいファシズム体制をロシアで築き上げる様子が非常に説得力ある形で描かれ、それがクリミア併合の暴挙を経て、さらに各地のナショナリズム運動に塩を送って(ときにはそれを操って)世界に魔手を伸ばす様子までを見事にまとめあげる。2018年の本だけれど、ウクライナ侵攻中のいま読むとなおさら迫力がある。そして、ぼくは陰謀論とか変な思想が大好きなので、ここに書かれたイリインの思想とか(のくだらなさ)には本当に大喜びした……が。

その一方で……ぼくはこの本の書き方に強い違和感がある。この本の書き方だと、まずイヴァン・イリインの思想があって、それをプーチンはじめ信奉者たちが実現すべく暗躍しました、みたいな話になっているからだ。20世紀ロシアを裏から操っていた暗黒イリイン教団があって、それがゼーレや妄想フリーメーソンみたいに裏からすべてを牛耳り、プーチンもそのイリイン思想に操られてその実現に尽力し、やがてイリインの予言は一世紀の時を経てほぼ完全に成就し……いや、そんなはずはないだろう、とぼくは思う。

インチキ思想が流行るには、それなりの背景と環境があるはずだ。プーチンだってバカじゃない。そんな変な思想を採用するには何か得があったはず。インチキ愛国思想が広まったからロシアがファシスト的になっていきました、というのは倒錯だ。むしろプーチンがファシスト的な体制を作るのに都合がよかったから、そのイリインの三流ファシズム思想を持ち上げて見せたんじゃないの? でも、そういう考察がきわめて薄い。そのため、本書はほとんど陰謀論すれすれの主張になってしまっている。

さらに下巻になると、プーチンが他国の極右ナショナリズム思想、特にトランプ当選のためにいろいろ工作した話になる。要は、イリインの思想がさらに広がりアメリカまで侵食して民主主義は破壊されてしまった嗚呼おそロシヤ、という話だ。でも……確かにソ連がいろいろ工作して賄賂送ってネットでボット使って暗躍したのは事実。でもさ、それってどこまで有効だったの?

本書の記述だと、トランプはロシアに金もらって鼻薬かがされて女あてがわれてエロ写真撮られたロシアの傀儡だ。巧みな袖の下と情報工作により、アメリカはいまや(というのは本書執筆時のトランプ時代のことだが)大統領以下、政界もメディアもSNSもすべてロシアの意のままに操られているとのこと。でも……そんなはずはないだろう。ロシアの工作はみんなが思っているよりも浸透しているかもしれない。ただ、トランプ躍進の背景にはアメリカが抱えている基本的な国内問題があって、もともとかなり僅差だった。ロシアはそれを少し煽って、ダメ押ししたただけではないの? それが接戦での雌雄を決した可能性はあっても、すべてをロシアのせいにはできないのでは?

本書はそれを切り分けられず、あそこでもここでも、あいつもこいつもロシアの手下で、と羅列に終始して、最後になってアメリカは金持ち優遇で格差が広がり云々、これはアメリカもロシアと同じナショナリズムの金権政治思想に冒されて云々、とクソもミソもいっしょくたにした話に落ちてしまう。邪悪な思想があって、それがロシアから世界に広まっています、というわけだ。ぼくは、思想とはそういうものではないはずだと思う。思想が広まるには、そのための必然性があり、それを採用する人々のニーズがあるのだ。

そうした羅列は、クリミア侵攻のときの各種作戦についても言える。ロシアはそこで情報戦、メディア戦を駆使した、あの放送局、このメディア、こっちの評論家、西側のメディアにも鼻薬をかがせ云々。具体名 (ほとんどは知らないものだけれど) が大量に並ぶと、いかにも重要そうに思え、なんか大規模な工作が展開されたように読者には感じられる。

けれど、それが全体としてどうなのか? 通常の軍事力とどういう連携でどういう比重だったのか? なぜロシアはそこまで周到にいろいろできたのか? そういう話は見えてこない。ウクライナとの関係も、昔は国として尊重していたけれど、イリイン思想の影響もあってだんだんその独立性を否定するようになった、というえらく単純な見方。「思想」とか「ファシズム」みたいなお題目からしか俯瞰できない本/著者の限界が如実に出てしまっている。もちろん、俯瞰には俯瞰の価値があって、読んで損はない本ではあるんだけれど……。

その点、一部でコスメ女子としても知られる小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』(ちくま新書)は、非常に周到だし現実の動きをしっかり押さえていてバランスも見事。変なもったいつけた本を読むより、この一冊をまずきちんと読むことを万人に奨めたいところ。 本書は書名通り、何よりもロシアの軍事面での分析だ。そしてその冒頭は、情報戦やサイバー活動、ドローン、経済、政治工作その他すべてを動員した、通常兵力にとどまらないロシアの新しいハイブリッド戦争遂行能力の記述だ。これはクリミア侵攻で異様な成果を挙げた。ここまでなら、スナイダー本でも羅列とはいえ記述されていた。


現代ロシアの軍事戦略

だが、本書はそれを全体の中にきちんと位置づける。これまでの戦争や軍事作戦とどうちがったのか、そこで各種のメディアや情報活動、経済、PMC (傭兵部隊のワグネルとか、知ってるようなふりしてたけど、実はよく知らなかったのよね。へえ、オリガルヒが養っている実質的なプーチンの私兵部隊なのか。経済制裁でロシアの外貨が尽きたらすぐ寝返るかと思ったら、そうはいかないみたいね) などがどうからんできたのか、そのどこが革新的であり、従来の軍事活動の枠組みと比べてどうだったのか。結局、通常兵力の重要性は揺るがないこと、そしてそのハイブリッド戦争も経済力の影響を受けて決して無敵ではないことまで指摘してくれる。

また、イリインとかの具体的なインチキナショナリズム思想自体の解説はないけれど、その位置づけはきちんと出てくる。プーチンが経済成長の停滞の中で、アラブの春/マイダン動乱的な国民反乱を恐れて独裁ファッショ的な方向に向かい、そのなかでナショナリズムの旗印を掲げる必要性が強まった点、さらにNATO拡大に対するプーチン/ロシアの苛立ちや危機感というのが決して理解できないものではないこと、そしてロシアの考える「大国」としての自国とその「勢力圏」の中でのウクライナ、さらにはシリアなどの位置づけまで、非常に明解。 しかもそれが、「こうです」と結論だけあっさり断言されるのではない。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakanoi_miaki 小泉悠さんの新書こそ最強である、これだな。 18日前 replyretweetfavorite

T_Pons_ コスメ女子wwwベタ誉めだ。 一番出来が良いのが日本語で出版されてる有り難さ。翻訳の人が言ってんだから、たぶん本当で、つまり全裸中年男が最強と。 https://t.co/kY8MnQ7wGT 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

K_uozumi メモ "温暖化対策も含め各種の環境運動が、実は必ずしも環境とは関係ないプロパガンダで、しかもそれが往々にして中国とロシアへの利益誘導になっている" https://t.co/acfZIDmjSy 2ヶ月前 replyretweetfavorite

inumaro ロシアの問題について、これくらいの距離感で語られているのはとてもよい 2ヶ月前 replyretweetfavorite