ティラノ部長

最終回】小さな幸せを見つけて集めて生きていこう

休日に、みんなで散歩をするティラノ部長。歳を取るほど悲しいことが増えていくし、人との別れも増えていく。だけど歳を重ねた分、気づけることもある。だから小さくてもいいから、当たり前の中にある幸せを見つけて集めて生きていこう。
バブル時期に入社して、90年代はバリバリ仕事していた会社員が50代になり部長になった。時代が変わってしまった中を生きていく悲哀をティラノサウルスのキャラクターで描く、鈴木おさむさんのInstagramでも連載中の『ティラノ部長』から届けします。(提供:株式会社コルク)

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
ティラノ部長の書籍も発売しています!

コルク

この連載について

初回を読む
ティラノ部長

したら領 /鈴木おさむ

バブル時期に入社して、90年代はバリバリ仕事していた会社員が50代になり部長になった。時代が変わってしまった中を生きていく悲哀を、ティラノサウルスのキャラクターで描く。 鈴木おさむさん原作、したら領さん(cakesクリエイターコンテ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kitoku_magic 大きいものを否定するものではないけれども、小さな幸せに気付けるのも能力が必要なのかもとは思いましたね。 https://t.co/Rw0P3kSPdt 2ヶ月前 replyretweetfavorite

cikyuyomu 現実的なハッピーエンドで良い! 3ヶ月前 replyretweetfavorite

meriwo3 いい終わり方でよかった。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tomokui ちょっとしみじみしてしまいました…。 3ヶ月前 replyretweetfavorite