料理したくなる環境」の整えかた

自炊料理家の山口祐加さんが、これから自炊をはじめる人、はじめたばかりの人に向けて、自炊のコツと楽しみ方をお伝えするこの連載。第6回のテーマは「料理したくなる環境」についてです。心地よく料理ができるかどうかは、キッチンは広ければ広いほどいいというわけではなく、「動線」で決まるのだそう。では、どのような動線のキッチンが使いやすいのでしょうか?

こんにちは、自炊料理家の山口祐加です。日々の自炊を楽しみながら続けていくコツをお伝えする連載、第6回のテーマは「料理したくなる環境」についてです。

ここまではどうやって心地よく自分好みの料理を作るかについてお話してきましたが、そもそもどんなキッチンで、どんな道具を使って料理をするかは自炊のモチベーションに大きく関わってきます。今の家はキッチンが狭いから……と思っている方もいるかもしれませんが、極小キッチンでも楽しく料理できる方法をお伝えしますよ。

使いやすいキッチンは広さよりも動線で決まる

私は仕事柄、「料理が苦手」と感じている方のお宅にお伺いしていろいろなキッチンを見てきました。キッチンの広さは大小ありましたが、心地よく料理できるかどうかの問題は、「広さではなく動線にある」と感じました。

キッチンは広ければ広いほどいいというわけではありません。アメリカで豪邸のキッチンを使わせてもらったことがありますが、ガスコンロは6口あるし、とにかく広くて冷蔵庫まで何歩も歩かないとたどり着けません。小柄な日本人の私からすると、もうちょっと狭い方が使いやすいなと思った記憶があります。

では、どんな動線のキッチンが良いのか? 以下の図は私が以前住んでいた部屋と今住んでいる部屋の比較です。

料理家になる前に住んでいた部屋では、動線について考えたこともありませんでした。冷蔵庫とキッチン本体が離れているため、冷蔵庫から何か出したい時は毎度1、2歩歩いて行かなくてはなりませんでした。たかが1、2歩ですが、これが積み重なると地味にストレスだったなと今となっては思います。

現在住んでいる部屋に引っ越す前に、どんなキッチンなら使いやすいかを考えた末にたどり着いたのが「冷蔵庫から食材を出す→洗う→切る→調理する」が一直線になる動線です。冷蔵庫は右開きにして取り出しやすく、食材を出したらシンクで洗い、調理スペースで切ってコンロで火入れする。そして食器棚から食器を取り出して、盛り付け、出来上がったものは食器棚の上に置いておく流れになります。

冷蔵庫はシンクの真横か、シンクの真裏に置くことが重要です。そうすれば1歩か、あるいは1歩も歩かず食材が取り出せるので楽です。引っ越しをした後に早く片付けてしまわないとと、とりあえずここでと配置したまま生活を続けてしまう方も多いですが、ぜひ一度本当にこの位置でいいのだろうか?と検討してみてください。

極小キッチンの使い方

動線のお話をしましたが、一人暮らしサイズの1Kルームのキッチンなどでよくあるのがシンクのすぐ横にコンロがあるような「極小キッチン」です。調理するスペースもほぼなく、どこで野菜切ればいいの?と思ってしまうのも当然です。私は料理が好きなので、築年数を問わずキッチンの広さ重視で選んでいるゆえに住んだことはないですが、友人宅の極小キッチンで料理したことはあります。確かに狭いと使いづらい部分はありましたが、”1歩も歩かず料理できる”という魅力があることに気づきました。

上手く使う方法としては、シンクにまな板や頑丈な水切りラックを渡して調理スペースを確保するのがおすすめです。調理道具などに関しては収納が少ないと思うので、100円均一などで売られている吸盤がついたフックなどを購入し、キッチン内の壁面を有効活用するのが良いです。食器や調味料、その他の備品に関しては、シンク下収納用のラックがニトリやアイリスオーヤマなどで販売されています。こちらも高さを活用することにより、デッドスペースが活用できるので収納力が上がります。

揃えておくと便利な道具たち

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
楽しくはじめて、続けるための 自炊入門

山口 祐加

自炊料理家の山口祐加さんが、これから自炊をはじめる人、はじめたばかりの人に向けて、自炊のコツと楽しみ方を紹介します。「自炊をはじめるにあたって最低限おさえておきたいことを知りたい」「はじめてみたけど疲れるし、楽しくなくて続かなさそう」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pzn24047 参考になりました。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite