行き場を無くした兵隊さんたちはどこに消えたのか?

終戦から一年かかって、ようやく引揚船の報せを聞いた春子さん一家。しかしその船に乗ることが叶わなかった人たちもいました。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
『ひぐらし日記』待望の書籍化! 描き下ろしも収録!

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jhjmmj 文字通り「死ぬまで」使われたのよ 日暮えむ「新ひぐらし日記」 https://t.co/dTY2uEjIwc https://t.co/VOks0lepEl 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Singulith https://t.co/9RHSULHae0 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kfthinwor33 彼らの信じていたこと、信条としていたこととは何だったんでしょう?国を皆を・・守るとはどういうことなんでしょうね? 4ヶ月前 replyretweetfavorite

urararara8989 戦時下の満州での兵隊さんの話。 |日暮えむ @Higurashi_Emu |新ひぐらし日記 https://t.co/JOk8RLWRCL 4ヶ月前 replyretweetfavorite