プロが選ぶ「ポン酢」はこれ。ポイントは醸造酢を使っていないこと

ほとんどの家庭で冷蔵庫に入っているであろう「ポン酢」。もともとは柑橘類の絞り汁を指す名称でしたが、いまではすっかり「ポン酢しょう油」の意味として使われています。そんなポン酢=ポン酢しょう油のおすすめを1本選ぶとしたら? 樋口さんのイチオシは「醸造酢が入っていない」商品でした。

そもそもポン酢とはなにか?

この連載では様々な調味料を扱ってきました。今日のテーマである「ポン酢」は使用頻度こそ高くないけれど「意外と冷蔵庫には入っている……」という存在。

そもそもポン酢とは橙(だいだい)やすだちといった香酸柑橘類(甘みがなく、香りと酸味が強い柑橘)の絞り汁のこと。比較的新しい言葉でそれまでは橙の果汁は『橙酢』、柚子の果汁は『柚子酢』という具合に呼んでいましたが、ある時から総称して「ポン酢」と呼ぶようになりました。

ところでポン酢と聞くと、どちらの商品を思い浮かべますか?

右手の製品の『ぽん酢』は柑橘果汁に醸造酢をブレンドしたもの。塩や砂糖が入っていないので、レモンの代わりにフライ等にかけたり、炭酸で割ってもおいしいですし、焼酎を加えればサワーになります。

現在はポン酢=「ポン酢しょう油」を指すのが一般的に

左手はご存知、ポン酢業界のシェアNo1製品の『味ポン』です。味ポンはポン酢をベースにしょう油を加えた『ポン酢しょう油』というジャンルで、現在では『ポン酢』といえばこの『ポン酢しょう油』を指すのが一般的です。「ポン酢買ってきて」と頼まれたらたいていは『ポン酢しょう油』を買ってくれば大丈夫でしょう。

料理屋では薄造りなどにポン酢を添えますが、正直使う機会はそれほど多くなく、水炊きをはじめとした鍋料理屋さんの調味料というイメージ。全国的な知名度を獲得したのはやはりミツカンの「ポン酢」の影響が大きいでしょう。大根おろしを加えれば焼肉にもあいますし、餃子にも合います。変化した日本人の食生活にポン酢はぴったりマッチしたのです。

おすすめは手作りに近い味のポン酢

さて、スーパーに行くと様々なポン酢が並んでいますが、そのなかでも僕のおすすめはこちら。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

digk349or02cjf https://t.co/nH7UvqjbNm 4ヶ月前 replyretweetfavorite

hirok10ka うちのポン酢は「うらら香」。 地元和泉市の名ポン酢。 https://t.co/jA494knmJl 4ヶ月前 replyretweetfavorite