北京オリンピック報道への雑感

2月4日に開幕した北京オリンピック。東京オリンピックより約半年後の開催となりましたが、もともと東京オリンピックの開催に反対していた武田砂鉄さんは、今回の北京オリンピックをどのように見ているのでしょうか?

相変わらず失礼だなと思う

『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』(テレビ東京)を観ていたら、フィギュアスケート男子シングルで銀メダルを獲得した18歳の鍵山優真選手について、「はじめてのオリンピック」と題した特集を流しており、そのBGMは『はじめてのおつかい』(日本テレビ系)で使われるB.B.クィーンズ「ドレミファだいじょーぶ」だった。彼のかわいい所作を切り取るようなまとめだったのだが、相変わらず失礼だなと思う。昨年の東京五輪では、当時13歳だったスケートボードの女子選手に対して、男性アナウンサーが「13歳、真夏の大冒険」と、あらかじめ用意していたであろう言葉を叫んで賞賛されていたが、こうして若きアスリートに向けられる「よしよし」的な目線は、オリンピック報道の癖になっている。

「この日のために4年間厳しい練習に耐えてきた」という前提が作り上げる緊張の瞬間をテレビの前で次々と味わえてしまうのは贅沢なのだが、なんだか申し訳ない気持ちにもなる。なぜそうなるかといえば、ここに至るまでのアスリートの物語をとっても簡素に受け止めて、良い結果が出れば感動し、結果が出なければ、その結果を悔やむ様子に胸を打つというルーティーンの発生を確認するからだろう。とにかく外からの物語作りと消費が続く。

「マネーとマネー、そしてマネーのため」

この連載をある程度読んでくれている人は、この場で繰り返し東京五輪開催に反対してきたのを記憶しているはずだが、北京五輪の開催についても、もちろん反対してきた。新疆ウイグル地区での人権問題を放置し、中国共産党の幹部から性的行為を強要されたと主張した女子テニス選手について、IOCバッハ会長が会食する機会を設けるなどして、強引になかったことにしようにしている。「ぼったくり男爵」率いる組織が何を優先しているのかがよくわかる。政治学者のジュールズ・ボイコフが「東京五輪開催を強行する理由は3つある、それはマネーとマネー、そしてマネーのため」と答えていたように、今回もまた、男爵たちの狙いに変わりはない。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
武田砂鉄責任編集。多量記事で多角的に、「TBSラジオ」を物語る。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chanyoh オリンピックなぜこうなった🤔🤔🤔 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kyolo2000 マネーとマネー、そしてマネーのため。 6ヶ月前 replyretweetfavorite