24年前に一度着ただけ…オランダで買ったスーツが捨てられない

【理系クンの日々アップデート育児#133】
クローゼットがいっぱいになると服を減らしたくなりますが、「スーツ」は少し手放しづらいですよね。N島さんは24年前に一度だけ着たスーツが捨てられない様子。当時オランダの高校に通っていたN島さんは、卒業式(プロム)用の衣装を求めて街のスーツ屋さん巡りをしたけれど、予想外の悲劇が待ち受けていて…?(提供元:文藝春秋)

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
コロナ禍でもN島クンは「理系思考」で仕事・家事・育児にチャレンジ!

この連載について

初回を読む
理系クンの日々アップデート育児

高世えり子

日々残業に追われる理系夫のN島クンと、ザ・文系のマンガ家・高世えり子夫婦は結婚12年目。長女は9歳で長男が5歳。 忙しい中でもパパ業に励む夫と妻の前に、次々と難題が。どこに落とし穴があるかわからない「こどものネット問題」や、大人だけ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

xyz_abc_999 スーツは額も高いしね~・・・生地が良いなら仕立て直す手もありますよ @takase_eriko | 6ヶ月前 replyretweetfavorite