名品が多い「しょうゆ差し」、一番のおすすめは意外な商品でした

デザインの名品が多い「しょうゆ差し」、いったいどれがいいのか悩むところですが、樋口さんからは「時代が変わった今、しょうゆ差しを使うのはまったく合理的ではありません」という衝撃の一言が。しょうゆを美味しくいただくために、イチバンに選ばれたのは「しょうゆ差し以外の商品」でした。

そもそもなぜ、しょう油差しが生まれたのか

「樋口さん、オススメのしょう油差しってありますか?」「cakesの連載でしょう油差しを扱ってください」とよく言われます。しずくが垂れる、口が詰まる、など小さな不満の多い製品なのかも知れません。

というわけで今回のテーマは『しょう油差し』ですが、本稿で僕が言いたいのは「そもそも必要ですか?」というもの。イチバンの商品を紹介するという連載の論旨から多少ずれますが、まずはなぜしょう油差しという道具が生まれたのか、説明させてください。

時代を遡るとしょう油はもともと1升瓶で販売されていました。それ以前は徳利や壺、龜などをしょう油蔵まで持って買いに行く必要があったようです。その時代、しょう油は高級品で入手できる人も限られていたのでしょう。

瓶から少量のしょう油を使うのは大変です。そこで家庭で小さな容器に移し替える必要があります。その必要性から生まれたのがしょう油差しという道具です。

「白山陶器 G型しょうゆさし」

1958年に発売された「G型しょう油さし」は現代でも残る名品。口の形に特徴があって、しずくが垂れにくいデザインになっています。デザイナーは森正洋氏。その後の1961年にはキッコーマンから「卓上しょう油」が発売されます。

「キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ 卓上」

榮久庵憲司氏によるデザインは美しく普遍的で、現代でも残る名品です。こちらはガラス製で「残りがわかりやすい」という特徴があり、詰め替える手間も不要。当時としては非常に画期的な商品でした。

優れたしょうゆ差しに求められる条件

今では様々なしょう油差しが売られていますが、どれも形を考え抜き「液垂れのしにくさ」と「詰め替えしやすさ」など様々な工夫が施されています。

では、どんなしょうゆ差しが優れているか? それを考えるにはしょう油の性質を踏まえる必要があります。しょう油の敵は「光」「温度」「酸素」ですから、光を通すガラス製やプラスチック製は避けるのが無難です。温度と酸素については小さなサイズを選ぶのが無難でしょう。

しょう油の味は鮮度で決まります。こだわっている日本料理店ではしょう油は小瓶で購入し、封を開けたらその日に使い、翌日はまかない用に回すほどです。大きなしょうゆ差しに移し替えて、卓上に放置するなどわざわざ劣化させているようなもの。

イチバンに選ばれたのは、しょうゆ差しではなかった

こうして考えると時代が変わった今、しょうゆ差しを使うのはまったく合理的ではありません。僕がおすすめするのはやはりこういった製品です。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toppieee1 毎週土曜のお楽しみ〜( 'ω' و(و" 今週も面白かった! 5ヶ月前 replyretweetfavorite