たくさんある納豆、どれが一番おすすめ? 美味しい食べ方も教えます

今回は安価な商品から高級品までいろんな種類が売っている「納豆」のお話。樋口さんがおすすめするのは国産大豆をつかったある商品。他と違う点はパッケージを見ただけでわかります。また、いつもやっているという美味しい納豆の食べ方についても教えてくれました。

『日本で市場規模が成長し続けている食べ物』と聞いて、なにを思い浮かべますか? じつは「納豆」はその一つ。全国納豆協同組合連合会の調べによると市場規模は十年ほど右肩上がり。2020年の納豆消費金額は前年比108.3%の2711億円で5年連続で過去最高を更新をしており、一世帯当たりでも4654円と拡大を続けています。

健康にいいという認識が定着した影響ですが、同じような発酵食品であるみそやしょう油の消費が減少しているのに比べると驚異的です。というわけで、今日はみんなが買っているであろう「納豆」のお話。

納豆は「作り手」で選ぶのがベター

納豆は大豆を加熱した後、適切な温度に冷ましてから納豆菌を付け、それを発酵させた食べ物です。意外と価格差が大きい食べ物で、スーパーでも安価な商品から高級品まで様々な商品が並んでいます。

パッケージを観察すると「国産大豆使用」というのが目に付きます。なにも書かれていない商品は「輸入大豆」を使用しているケースが多いでしょう。大豆は油脂が酸化しやすい食べ物のため、鮮度では国産大豆に分があります。ただ、パッケージに「国産大豆」とあっても「輸入大豆」より味が劣る納豆もあるのが難しいところ。納豆は大豆の煮熟から発酵温度まで気を配るべき要素が多い食べ物なので、作り手で選ぶのがベターです。

僕が普段、よく買っているおすすめ納豆はこちら。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nasstake26 #スマートニュース 5ヶ月前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab 成城石井の納豆も時々買うんですが、下仁田納豆と比べると、、、という感じ!  5ヶ月前 replyretweetfavorite