ニンニクどう選ぶ? 安い海外産と高い国内産の使い分け方法を解説

あらゆる料理で活躍するニンニクですが、スーパーに行くと国内産や海外産など種類が多く、しかもそれぞれかなりの価格差があって買うときに悩みがちです。今回は「ニンニクはどうやって選べばいいのか?」という問題に樋口さんが答えてくれました。産地ごとの味の特徴と料理との相性を覚えておきましょう。

値段が全然違う…!悩むニンニク選び

ニンニクは常備しておきたい食材。パスタから炒めものなどさまざまな料理のベースとして活躍しますが、スーパーに行くと国産や輸入物など意外と種類があり、価格も様々です。

「こっちで本当にいいのかな」

と悩みながら買っている方も多いのでは。というわけで、今日はニンニクについて解説します。

スーパーに並んでいるニンニクは大きく3つ。国産ニンニク、スペイン産、中国産です。新型コロナウイルスの影響などで中国産のニンニクの輸入量は減っているので、国産とスペイン産しか置いてないスーパーも多いでしょう。価格は国産が一番高く200円前後、スペイン産は120円前後とおよそ2倍の差があります。

国内におけるニンニクの一大産地は青森県。よく考えると青森は寒い県ですが、スペインという国は温暖な気候。じつは青森県産とスペイン産はニンニクの品種が違うのです。

青森県のニンニクもいろいろな品種がありますが、大別するとすべて寒地系に分類されます。代表的なものとしてホワイト種(例えば福地ホワイト六片)があり、粒が大きいのが特徴です。国産は貯蔵期間が短く、風味はマイルド。

一方、スペインで栽培されているのは暖かい場所を好む暖地系のニンニクです。こちらは粒が小さめ。貯蔵期間が長いので風味が強く、刺激臭があり、辛みが強いのが特徴です。

スペイン産と国産の見分け方はかんたん。皮の色が紫がかっているのがスペイン産(モラード種)で、白いのが国産です(スペイン産のホワイト種もありますが、スペインでの生産量が減少していることもあり、流通量は減っています)。もちろん、国産でも沖縄や九州では皮が紫の品種が栽培されていますが、貯蔵期間の違いもあり、輸入品よりはニンニク臭が控えめです。

中国産はスプリング種と呼ばれる粒が小さいニンニクがほとんど。香りづけなどの用途では国産品との差がつきづらいので外食などで多く使われていますが、辛みが強く生食には向きません。

国産は糖度が高く、スペイン産は香りが強い

国産のニンニクの特徴は高い糖度。試しに買ってきた青森県産のニンニクの糖度(Brix)を測ってみると約42%でした。この糖度はニンニクに含まれる多糖類に由来するので甘くはありませんが、ニンニクの特徴の一つになっています。

スーパーで買ったスペイン産は約38%とやや控えめ。

ニンニクは料理に合わせて決めるのが正解

国産のニンニクは香りがマイルドで甘みが強いという特徴があるので、例えば「旬の『初鰹』をおいしく食べる一工夫」という記事で紹介したように、生のニンニクスライスを薬味として添える場合はこのような国産のニンニクをおすすめします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ataru_mix 自分は味にパンチが欲しいから国産よりスペイン産のほうが良いのか。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

umomousio 国産、中国産、スペイン産でそれぞれ品種も違うのか〜💡 4ヶ月前 replyretweetfavorite