ティラノ部長

悲しい気持ちになれなくて罪悪感を感じる

高校の時の同級生が亡くなったという連絡をもらったティラノ元部長。あまり仲良くなかった同級生の顔を見ても涙は出なかった。
バブル時期に入社して、90年代はバリバリ仕事していた会社員が50代になり部長になった。時代が変わってしまった中を生きていく悲哀をティラノサウルスのキャラクターで描く、鈴木おさむさんのInstagramでも連載中の『ティラノ部長』から届けします。(提供:株式会社コルク)

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
ティラノ部長の書籍も発売しています!

コルク

この連載について

初回を読む
ティラノ部長

したら領 /鈴木おさむ

バブル時期に入社して、90年代はバリバリ仕事していた会社員が50代になり部長になった。時代が変わってしまった中を生きていく悲哀を、ティラノサウルスのキャラクターで描く。 鈴木おさむさん原作、したら領さん(cakesクリエイターコンテ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RyoGo_Togashi なんかとても気持ちわかるな。。。 悲しくはないけど、罪悪感は感じて、冷静に自分のときに置き換えて、寂しくなる。 https://t.co/DyQUtnGSDi 8ヶ月前 replyretweetfavorite