一発逆転を夢見た採用面接でついた嘘

新卒で通信会社の営業職に就職するも、水が合わず休職していた嘉島唯さん。この際、アルバイトでもいいから好きな業界で働こうとメディア企業の門を叩くのですが…。東京の街を舞台に、だれの胸の内にもある思い出を鮮明に映し出します。

「経験者のみ」の壁

手応えはあったような、ないような。恵比寿から渋谷まで明治通りを歩いて面接会場を後にした。結果はメールで送られてくるらしい。

学生時代からよく読んでいたWebメディアに転職しようと思い、門を叩いた。転職はポジティブなリセットボタンだ。目の前の毎日はクソだが、あそこに座席が用意された暁には、毎日が楽しくなるに違いない。

オフィスは恵比寿駅から徒歩5分ほど。明治通り沿いのビルに構えたオフィスは、会議室が小屋仕立てになっていたし、カラフルな小物で彩られていて、いかにもクリエイティブな雰囲気が漂っていた。

当時、私は通信会社のいわゆる営業マンだった。正確に言うと、入社して1年半ほどで過労によって適応障害を起こしてしまい、休職中の身だった。

もともとインドアな性格なのに、THE体育会系の職場で浮くのは当然だった。「目標必達」というスローガンのもと、社内政治と営業実績に追われていたなかで、映画やら音楽やらにすがって生きていた。大げさに聞こえるだろうが、文化的なものに触れているときにだけしっかり呼吸ができていた。

休職してからしばらくして、私はいそいそと転職活動を始めていた。この際、アルバイトでもいいから好きな業界で働こう。ゴリゴリの営業職ではなくて、もっとクリエイティブな…そう、メディアとか。広告やテレビ、雑誌、映像業界。いろいろな選択肢がある中で、ようやくピンと来たのがWebメディアだった。だって一番身近にあるものだから。

そこで自分が普段愛読しているメディアの採用情報を漁ると、思いのほか募集があった。でも、じっくり募集要項を見てみると、すぐに壁にぶち当たった。

「編集者:経験者のみ」「ライター:執筆経験あり」

なるほどそうだよね。すぐに納得できてしまう自分がいた。必要なのは即戦力であり、すぐに結果を出せる人材である。どのメディアを見ても求められるのは「経験あり」の人物だった。

編集とか執筆の経験ってどこでつめるんだよ。私はその経験ができる世界に行きたいのに、行くことすらできないのかよ。そんな風に悪態をつきながら丁寧に採用枠を見ていると「ECサイトの運営」という文字が飛び込んできた。そのメディアは、記事を配信するだけでなく、アクセサリーや雑貨を取り扱うECサイトも運営しており、そこの管理者を募集していたのだ。募集要項には「経験者のみ」の文字はない。

いけるのでは…? 甘い考えが頭に浮かんだ。幸い、営業職なのでExcelは使えるし、数値管理もできる。何より、そのサイトの熱心なユーザーだという自負があった。

履歴書を送ったところ、すぐに面接が決まった。


使える人間だとアピールしなくては

面接は就職活動中に嫌というほどこなしてきたので自信があった。質問には思ったことをストレートに答えるのではなく、意図を汲み取って、相手が望むような答えを言う。例えば自己紹介をするときは「私はAという経験がありBという能力を持っているので、入社したら役に立てる」というメッセージを伝えれば良い。

この戦略が功を奏したのか、一次面接は無事クリア。次はいきなり社長面接らしい。パスすれば内定である。そういえば映画「モテキ」では、森山未來演じる主人公・幸世が、ニートから突然Webメディアで働きだしていた。自分も幸世のように一発逆転的に転生できてしまうのではないか。

面接用の会議室に現れたのは、まだ若く精悍な顔立ちの社長だった。「大学時代からこのメディアをやっていまして…」という自己紹介に、組織の長としての凄みを感じる。自分と同い年のときにすでに社長だったのか…と思うと、気後れした。でも、面接は就活のときみたいな針のような緊張感はないし、社長は私の発言にも「いいですね」「おもしろい」と丁寧に相槌をうってくれた。いい感じだ。すべてうまく行っている。気持ちが高ぶって変なことを言わないよう「使える人間ってことをアピールしなくては」と頭の中で復唱しながら質疑応答をこなした。ハキハキと受け答えをしていると、社長はぽつりとこう言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
匿名の街、東京

嘉島唯

若手ライターの急先鋒、嘉島唯さんによる待望のエッセイ連載。表参道、渋谷、お台場、秋葉原、銀座…。東京の街を舞台に、だれの胸の内にもある友人、知人、家族との思い出を鮮明に映し出します。 第2回cakseクリエイターコンテスト受賞者、嘉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tring3 “昔、告白して振られた人から数年ぶりに声をかけられた。まさにそういう気持ちで私は待ち合わせ場所に来たのだから。”の箇所が素敵だった。 ■ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ta1 こういう形でまたご一緒できてありがたすぎる話。いつかの点と点がつながることが増えるから、歳とるの楽しいんだよな。 https://t.co/IIvwfUZqmA 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

consaba 嘉島唯「学生時代からよく読んでいたWebメディアに転職しようと思い、門を叩いた。転職はポジティブなリセットボタンだ。目の前の毎日はクソだが、あそこに座席が用意された暁には、毎日が楽しくなるに違いない。 」 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

MaryJ465 「ひとつわかったのは、落ちたところで終わりではないことだ。むしろ落ちてからがスタートだったのかもしれない。」  約1ヶ月前 replyretweetfavorite