あっさりうま塩スープで食べる、えびとチンゲンサイ

今回ご紹介するのは「チンゲンサイとえびのうま塩スープ」。お店で見かけるような本格的な中華スープですが、下ごしらえしたらさっと数分煮てとろみをつけるだけで完成、というとてもシンプルな料理です。ミニマムな材料と調理法でおいしさに最短距離で近づくスープ・レッスンは隔週月曜日の更新です。

ちょっといいお店で出てくるスープが、こんなに簡単に。

食卓にあるとうれしい中華風のスープを作りましょう。みんな大好きなえびを、秋が旬のチンゲンサイや豆腐とともにさっと煮るだけの本当に手軽なシンプルスープです。

スープで相性のよい鉄板の組み合わせというものがあり、えびと青菜もその一つ。えびの赤と青菜の緑、豆腐の白で目にも鮮やか。えびの強いうまみや香りが青菜のクセをカバーし、同時にさっぱりした青菜がえびの濃さを中和してくれます。強めのとろみで具材に一体感がついて、絹ごし豆腐がふるふるやさしい口当たりです。

むきえびや鶏ガラスープの素など手軽な食材を使いつつ、できあがるスープは上品できれいな味。チンゲンサイに限らず季節の青菜を使ってできるので、一度おぼえてしまうと通年で楽しめますよ!

チンゲンサイとえびのうま塩スープ

材料(2人分)  所要時間15分

チンゲンサイ 1株(150g)
えび 100g
豆腐 100g

塩 小さじ1/2
酒 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1
片栗粉 小さじ2
ごま油 小さじ1
水 500mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

豚汁だけで、50のレシピ。これさえあれば、なんとかなります。

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mitune_TI こんな夜中にスープが飲みたくなるw https://t.co/bjGskKkZLW 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

rankonra チンゲン菜と絹豆腐を小松菜と木綿豆腐にして作ってみた。あっさり好みの息子に評判よかったです!次回はレシピ通りにしよ。おいしかったー https://t.co/V8svNi8VaU 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 海老のスープ、いいなあ。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

henpeipeisoku 明日これつくる https://t.co/Nvy4qvllRO 約2ヶ月前 replyretweetfavorite