家事をやめる

私が老後不安から完全に解放されたわけ

掃除して洗濯して料理して皿洗って……生活に面倒な家事は付き物。のはずが、「ノー家事」生活を謳歌する人がいます。連載「買わない生活」が話題の稲垣えみ子さんです。あるきっかけから人生で初めて、面倒な家事を一切しなくとも清潔で快適、この上なく気持ちの良い暮らしを手に入れ、今や毎日が楽しくて仕方ないとか。圧倒的ローコスト、ローエネルギー、ローウェイストで幸福度が確実にアップする「ノー家事」生活の全貌とは。(提供元:マガジンハウス)

この夏に履きまくったビーサンを重曹と歯ブラシでゴシゴシ洗って干す至福の時!

前回、老いてアルツハイマーになっても元気に暮らしを全うしたという、驚くべきアメリカの修道女たちのことをご紹介した。それは、彼女たちが「集団の中で、自分のできることはしっかりと行いながら、環境の変化の少ない暮らしを何十年も続けている」からではないかという専門家の指摘についてもご紹介した。

つまりは、慣れ親しんだシンプルな暮らしを延々と続けることで、彼女たちは人生の最後の最後まで「自分にできること」を手にすることができたのである。そんなふうに、老いたとてちゃんと「自分にできること」さえあれば、どれほど衰えても人はちゃんと前を向いて生きることができるのだ。

そう思うと、確かな希望が湧いてくる。

だが。このやたらと変化の激しい社会の中で、際限のない豊かさを求めて暮らしを拡大し続けている我らの現実は、そんなシンプルな暮らしからいかにかけ離れてしまっていることか! 老いた我が母が、便利社会の中で「できること」をどんどん奪われてしまった経緯は以前に書いたとおりだ(「完璧に家事をこなす母が直面した「老い」)。

これは、誰もが真剣に考えるべきことだと私は思う。

使わなければ体も頭も衰える  

厚生労働省は、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になるとの推計を紹介している。誰しも他人事ではないのだ。そしてもちろん、認知症にならずとも、老いて体も頭も衰えていくことからはこの世の誰も逃れられない。同省の統計によれば、長生きになる人が増えるにつれ健康寿命と平均寿命の差も拡大している。男性は9年、女性は12年を「不健康な状態」で暮らさねばならないのが現実なのだ。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
家事をやめる

稲垣えみ子

我が人生から、家事が、消えた。50年近くずっと格闘してきた家事が、気づけば、消えていた。 それなのに、家の中は整っていて、気分は晴れやか。しかも圧倒的ローコスト、ローエネルギー、ローウェイストという夢のような事態。そんなノー家事生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uovAwK18nYVdPHw #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite

satclove2 子どもが巣立ったら私もこうなりたい 9ヶ月前 replyretweetfavorite

anna_rouge ここまで徹底してはできないだろうが、方向性として目指していければいいかな。 9ヶ月前 replyretweetfavorite