こう見えて元タカラジェンヌです~遅れてきた社会人篇~

華麗なる宝塚歌劇団で「癖のあるおじさん役」を究めた天真みちる=「たそ」による大人気連載『こう見えて元タカラジェンヌです』に、待望の続編が爆誕! 退団後すぐに「サラリーマン」として企業に就職した「たそ」が、タカラジェンヌとして過ごした15年間と一般社会のギャップにおののきつつ、タンバリンと付け髭を手に第二の人生を突き進む! 知られざる「宝塚OG」のリアルライフを描く爆笑エッセイ。(企画・編集/左右社)

~プロローグ~

遡るところ3年前……

2018年10月14日深夜、帝国ホテルのある客室。

青春の全てを(不思議な角度で)懸けて過ごした宝塚歌劇団を卒業し、あしたのジョーの名場面のように、燃えつきた……真っ白な灰に……と、もぬけの殻になっていたタカラジェンヌ天真みちる。

「人生のグランドフィナーレを迎え、ここからは平穏に余生を送るか……」

そう思い、深い眠りについた。

2018年10月15日昼過ぎ、帝国ホテルのある客室。

公演中の緊張感から解き放たれ、久々の大寝坊をかました「元」タカラジェンヌ天真みちる。

ゆっくりと身体を起こし、伸びをする。その後立ち上がり、顔を洗う。マグカップに牛乳を注ぎ、レンジで温める。ほのかに暖かいホットミルクを飲み、朝ご飯(昼だけど)の準備をする……

「あゝなんてゆったりとした1日の始まり……(昼だけど)」

そう思い、スーッと深呼吸をした。

その後こう思った。


「……つーか、余生、長すぎじゃね?!」


この時、天真みちるは三十路に突入したばかり。

アサヒスーパードライと同い年の彼女には、余生と呼ぶには長すぎる人生が待ち受けていた……

そしてこの日『シン・こう見えて元タカラジェンヌです~遅れてきた社会人篇~』のスタートが切られたのであった……


そんなわけでcakesではお久しぶりです。たそです。

2019年10月14日から書き綴っていた『こう見えて元タカラジェンヌです』の最終回を迎えてから幾年……

おかげさまで1冊の本となり、皆様の元へも無事届けられたかなと思います。

現在は2021年。

右も左もわからなかった社会人生活も、ひとまず右と左はわかる位にはなりました。

ただ、だからと言って右と左のどちらに進めばいいかは、手探りなうですが……。

今回は、「三十路の新社会人になった元タカラジェンヌ」としての人生を、備忘がてら書き綴っていければと思っております。

それではまた、暫くお付き合いくださいませ……。


元タカラジェンヌのお引っ越し

タカラジェンヌは在団中、自身の技術向上の為、常に稽古に励む。歌って、踊って芝居して……タップダンス、タンゴ、スパニッシュ、はたまた日本舞踊など……いつどんなジャンルの公演が来ても対応できるよう、1日のほとんどの時間を様々なジャンルのレッスンに費やす。

ただ、その次に時間を費やしているのが……「荷造り」である。

各組、1年に2回、組子全員が出演する宝塚大劇場、東京宝塚劇場公演があり、その間には、ディナーショーや、宝塚バウホール、東京青年館などの小劇場公演がある。更には、全国を旅して回る全国ツアーもある。

そしてそのたびに、

化粧品(信じられない量)、ドライヤー、ヘアスプレー(箱買い)、シャンプー、トリートメント、タオル、ヘアバンド、化粧前(楽屋の化粧机に敷く物)、メイク落とし、スキンケア用品、歯ブラシ、リハーサル用のジャージなどの「公演に必要な物」と、

私服(カジュアル、フォーマル各など5種類ずつくらい)、バッグ(大・小3種類くらい)、帽子(5種類くらい)、靴(スニーカー、サンダル、よそ行き用、ブーツなど5種類くらい)、タオル、パジャマ、ジャージ、ルームシューズ、普段用の化粧品、ドライヤー、ヘアワックス、シャンプー、トリートメント、ヘアケア品、メイク落とし、スキンケア用品、歯ブラシなどなどの「生活に必要な物」を、

公演期間の日数に応じて量を調節し、パッキングする。

基本的な必需品の他に、移動した先でも普段通りの生活をしたいと強く思えば思うほど、枕や、コーヒーマシンや、本などのオプション的荷物も増えていく。

なんなら、毎日歌って踊る身体をしっかりと休ませ健康に保つために、ベッドマットレスを運ぶ人だっている(ちなみに私は当時プレステ3を厳重に梱包し運んでいた)。

もはや、「ちょっとした民族大移動」である。

劇団に入りたての頃は、何が必要なのか見当もつかず(旅のしおりがあるわけではないので)、あーだこーだと1日かけて選出し、5時間位かけてパッキングしても、移動した先であれが無いこれが無いと買い足したり、はたまた滞在先で1度も手に触れることのない物をチョイスしてしまったりと、マジで踏んだり蹴ったりな荷造りも、13年間続けていると、1時間程で自分に必要な物をスッとパッキングできるようになっていく。

そんな、まるでサーカス団のように荷造りの天才になっていた頃……

宝塚歌劇団を退団する事を決め、お稽古に励み、宝塚大劇場公演に励み、千秋楽を終えた次の日から、それは始まった……

引っ越しという名の「究極の荷造り」が。

そう……新たな世界の第一歩目にほぼすべてのタカラジェンヌがすること。


それは……引っ越しなのだ。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
タカラジェンヌ「たそ」の15年が本になりました!

この連載について

初回を読む
こう見えて元タカラジェンヌです

天真みちる

「タカラヅカ」を支えているのはトップスターだけじゃない!100年以上の歴史を持ち、未婚女性たちが「清く、正しく、美しく」をモットーに歌い踊る宝塚歌劇団。その美しさでファンを魅了するスターの隣には、モヒカンの悪役や貫禄のあるおじさん役を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kochiya29 引っ越しで「絶対に捨てられないものリスト」に笑った 9ヶ月前 replyretweetfavorite

nacht_nacht_ この人の連載ずっと面白くて読んでたけど、新章(?)も面白くてめちゃくちゃ笑った もみあげどこで手に入れるのか一般人にはまったく想像できなさすぎて困る https://t.co/xuSC6gy79t 9ヶ月前 replyretweetfavorite

murakami_gya “たそ”さんの新連載はじまった。快調!> 9ヶ月前 replyretweetfavorite

nanaseyyyya 最高すぎhttps://t.co/mIXDyu2zcM 9ヶ月前 replyretweetfavorite