どうやって取り返せというのだ、一生を

祖父と戦争編です。戦争は、戦場にいった人たちだけでなく、戦場に送り出した人たちの心にも傷を残します。家族はどのような思いだったのでしょうか。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ultrasoda_chan 泣いてしまう... 9ヶ月前 replyretweetfavorite

kyu_22 戦地へと赴く子どもに、精一杯の荷物を準備して、いつ帰ってくるとわからないまま待つ親の気持ち。どの時代だって変わらないだけに、ぐっとくる。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

gokokuji3 つぶさに観察して、息づかいを感じて、気持ちに寄り添って、伝える仕事なんだなぁ。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

AileenTylor |日暮えむ|新ひぐらし日記 このシリーズ、ずっと読んでしまう。 https://t.co/uRcUJFgJpQ 9ヶ月前 replyretweetfavorite