ハイリスクハイリターンな冒険、ポリアモリー

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリー当事者のきのコさんは、「どうすればポリアモリーについて合意を得られますか?」と訊かれることがよくあるそうです。雑誌の特集を引用しながら、パートナーとの合意形成の難しさについて考えていきます。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。
雑誌「現代思想」(青土社)の2021年9月号で、「〈恋愛〉の現在—変わりゆく親密さのかたち」という特集が組まれています。

生き方や価値観が多様化しつつある昨今、恋愛は必ずしも「結婚へといたる道」とは言えなくなってきています。それどころか"恋愛"という概念それ自体が多様化しているのであり、今回の特集ではポリアモリーからアセクシャルやアロマンティックまで、現代におけるさまざまな恋愛/非恋愛のかたちが描き出されています。

今回は、文化人類学者・深海菊絵さんがこの特集に寄稿した記事「ポリアモリーという性愛と文化—愛をいかに自由に実践するか」を読んで感じたことを綴りたいと思います。

全員が合意できるとは限らない

この記事の中で特に印象的だったのは、ポリアモリーにおける合意の難しさについてはっきりと書かれている点です。記事において、シャンタル・ムフはより厳しく”合意の不可能性”という表現を使っています。

さまざまな工夫を設けて自分たちの関係を慎重にマネジメントしようと努めても、計画通りに進まないこともあれば、完全に自己を律することが難しいこともある。また、話し合いを重ねても、合意形成が困難な場合もある。例えば、ひとつのポリアモラスな関係のなかに、ルールを設けた方がうまくいくと考える者と、自分のふるまいを決定する「自由」を重視する者とがいる場合、合意形成は容易ではない。

(中略)
ポリアモリー実践者たちの自己管理の試みを、統御不可能な状況において自らのあり方やふるまいを問い続けること、あるいは、決して把捉することのできない他者に可能な限り接近しようとする志向性として捉えることもできよう。

(「ポリアモリーという性愛と文化—愛をいかに自由に実践するか」より引用)


深海さんはフーコーの論も引きながら考察を重ねていますが、ひとことで言えばポリアモリーにおいて大切なのは、関係をマネジメントする努力をしつつ、完全にはマネジメントできないと心得ること、だと思います。

ポリアモリーにおいては合意形成によって全員の関係性を律するたゆまぬ努力が続けられる一方、その関係性は究極的には統御不可能であり、「コミュニケーションによって参与者全員が納得する地点に到達できるとは限らない」と知っておくのも肝要だということです。

”傷つけ、傷つく”覚悟が必要

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません