呉智英・マイコン・デジタル庁

今回の月報は、封建主義者・呉智英の新刊『バカに唾をかけろ』を論じ、次にコンピュータ・インターネットに関連する、鈴木哲哉『ザイログZ80伝説』、秋田純一『揚げて炙ってわかるコンピュータのしくみ』、村井純・竹中直純『DX時代に考える シン・インターネット』を評します!

キューバから戻って参りましたよ。実質3週間の出張なんだけれど、到着時点でキューバでの隔離が1週間、さらに日本に戻ってから自主隔離含めて2週間。ヘタをすると隔離されていた期間のほうが、実動期間より長いという……。

自主隔離が終わった8月になってからも、キューバ情勢は相変わらず落ち着かなくて、6月初頭にはコロナの新規感染者一日1500人程度だったのが、8月に入ってから8000人台にまで激増。それに加えて物不足や停電への不満もあって7月11日に発生した大規模デモは、政権としては一大事件だ。苦しくても一致団結して頑張っている政府と国民という体面は、もはや維持できなくなってしまった。デモが全国でほぼ同時多発的に起きたのはネットによって組織されたからだということで、まず即座に全国的にインターネット遮断が行われ、そのうえで関係者がどんどん拘束された。さらに政権は自分たちのこれまでの不手際を認めるより、これがアメリカの反キューバ工作によるものと断定するスタンスをとって、さらに国内の締め付けを強化している模様。

面倒な話だけど、これが単なるキューバ政府の被害妄想だと言えればいいんだが、実はアメリカはずっと、開発援助機関のUSAID(アメリカ合衆国国際開発庁)を使って、キューバの「民主化支援」なるものをやっている。実質的な反キューバ政府工作で、それが今回のデモとまったく無関係なはずもない。さらにバイデン政権は、ここでうまくアメと鞭を使い分けてキューバ政府と交渉して自分たちの望むほうに事態を動かせばいいものを、やたらに態度を硬化させる声明を連発。ちょうどいま、アフガニスタンからの米軍撤退が大失態となっているけれど、アメリカは即座にアフガニスタンへの送金は容認することにした。なのに、キューバに対しては相変わらず差し止めのまま。いやあ、今後どうなってしまうことか。ちなみに今回のキューバ旅行についてまとめて読みたい方は、こちらの『公研』の旅行記をどうぞ

さて、遅ればせながらキューバに持っていった本の残っていたものを紹介しよう。呉智英『バカに唾をかけろ』(小学館新書)。とはいえ中身はボリス・ヴィアンと関係なく、どこかに連載された時事エッセイの集まり。 中身は相変わらずの呉智英。各種時事問題での、浅はかな建前論を揶揄し、見栄張りだけの知ったかぶりな物言いを嘲笑する。芸術家やその擁護者が何やら清廉潔白なことを言ってみたりPCな物言いをしてみたりするのに対して、芸術が持っていた反体制的な意味合い、良識へのアンチテーゼとしての意義を説いてみせる、といった具合。


バカに唾をかけろ

本当に「相変わらず」で、ぼくが大学生の頃に愛読していた呉智英と、内容も書きぶりもまったく変わっていない。そして、その主張はどれもしごくごもっともではある。 ただ……いまのぼくには、こうした物言いがいささか軽薄に見えるのも事実。確かに芸術やロックは反体制的な部分はある。盗んだバイクで走り出すといった歌に対して、「それは犯罪です」とわざわざ言うのは野暮だしバカだ。その一方で、ロックや芸術が反体制だとうそぶくこと自体が、いまやすでに決まり文句になっている。それを改めて言いつのること自体が、真面目くさった批判の物言いと同じくらい恥ずかしい。芸術もいまや懐古趣味的に産業に取り込まれ、以前のような批判力をすでに持っていない。それをかつてと同じような扱いで世間の通俗的な良識批判に使われても、鼻白むというか、揚げ足取りにしか感じられない部分はどうしてもあるのだ。

たぶん呉智英はそれを承知の上で、かつての芸風にこだわっている面もあるんだろうとは思う。その頑固ぶりは立派。そして、その物言いに対する印象が変わった原因は、上に述べた芸術とか、彼の扱う対象の位置づけの変化にも増して、読み手であるぼくの変化のせいでもある。呉智英には本当にいろんなことを教わったように思う。橋本治に教わったのと同じ意味で。この両者のインパクトの低下が、世間のせいなのか、あるいは単にぼくが老いたせいなのかは、まあ自分では判断がつきにくい部分はある。おそらくは両方なんだろう。

そしておそらく、ぼくもそろそろ、この呉智英の変わらなさを見て我が身を振り返る必要もあるんだろう。ぼくも過去数十年、文体も主張も考え方も、そんなに変わっていないつもりではある。そしてぼくに対して、同じような印象を抱いている人はいるはず。かつては山形を評価していたけれど、最近はもうダメだとか転向したとかいう人がツイッターなんかにときどき現れる。自分と、社会と、読者との関係みたいなのは、たぶん書き手としては少しくらい意識する必要があるんだろうか? あるいはそんなのをそもそも気にすること自体が、衰えた証拠なのか?

この呉智英の本を読んで、そんなことを考えないでもない。そういう個人的な感傷とは別に、時事ネタコラム集はその時事ネタが風化すると、すぐにコラムとしても風化してしまう傾向があって、この本もその落とし穴から逃れられてはいないのが残念ではある。が、たぶん今ならまだ賞味期限は切れていないはず。

これでキューバに持っていった本の在庫(前回前々回参照)が尽きて、ちょっと年寄り気分になったところで帰国し、2週間の自主隔離。自宅でやってもいいんだが、それだと子供が学校に行けなくなるので、わざわざ部屋を借りましたよ。そこで読んだのが、鈴木哲哉『ザイログZ80伝説』(ラトルズ)。


ザイログZ80伝説

Z80と聞いてわかるというだけで、老いぼれマイコン野郎だというのがバレる。かつて1980年代のマイコンブームの中心にあった8ビットのマイクロプロセッサだ。そしてこのZ80とそれを作ったザイログ社の興亡は、まさにそのマイコン時代の様々なベンチャー企業のかけひきと技術進歩、製造技術とのきわめて微妙なからみあいの結果だった。本書は、それを実にマニアックに解き明かし、そして各種の文献的な技術を実証的に確認すべく、Z80のワンボードマイコンまで作り上げてしまっている。すごい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yupika 呉智英てんてーの誕生日やしエゴサしてたら、みんな老いててみんな鬱みたいな気分になってしまった。俺は変わらないみんなが好きだよ。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ataru_mix 「揚げて炙ってわかるコンピュータのしくみ」はちと読んでみたいな。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

sadaaki 山形さんのcakes連載が更新。おもしろいなあ。「シン・インターネット」と「Z80伝説」読もう。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite