幸運で幸福のはずなのに、闇に飲み込まれそうになった話

コロナ禍でひとりの時間が増え、つらさや悲しさに目を向けがちな方もいるのではないでしょうか。先日、新刊「母親病」を出版した森さんも、幸福なはずなのに、不幸を抱え暗鬱としていたそうです。闇から抜け出すことができたきっかけは何だったのでしょうか。

数年間コツコツと書き進めてきた小説の新作が、ようやく6月に出版された。

コロナ禍やその他の事情で発売が延期になったとはいえ、このご時世に紙の本が出版できるのはとてもありがたい。事前に30代~50代のモニター読者を数十名募集し、なんと全員が絶賛してくださった。詳しくは帯コピーを参照していただきたいが、とにかく幸運だし、幸福だった。

やっと作品が日の目を見たのだ。苦労など一瞬で吹っ飛ぶ。

はずだった。私は幸運で幸福のはずなのだ。頭ではわかっているのに、心はそれを認めなかった。私はひたすら不運で、不幸だった。傍から見れば華やかな状況だと十分すぎるほど理解しているからこそ、つらかった。新潮社からいち早く見本が届いても、箱を開ける気すら起こらない。渋々開封して、産声を上げたばかりの本をろくにさわりもせず、そそくさと本棚にしまう。一連の行為はまるで、自分の子供を虐待しているかのようだった。

なんでこんなにうれしくないのだろう、と夜中に(うれしくないのがつらすぎるので眠れない)延々と考えた。理由のひとつは発行部数が少ないことだ。生みの苦しみがものすごかったにもかかわらず(いえ、どの作家さんも血反吐を吐くほど苦しんでおられます)、読者の元に行き渡らないジレンマ。いろんな意味で「残念で賞」という印を押されてしまったような、作品に対しての申し訳なさ。「いたらない母でごめんなさい」と子供(本)に謝りたいけれど、そうしてしまうと残念印と至らなさの両方を認めてしまうことになるので、できない。

twitterのエゴサがさらに自分を苦しめる

出版に限らず、音楽や映像の配信、テレビドラマ、創作にはこういった精神のアップダウンはつきものだ。コロナ禍の影響もあり、どの業界も不況で流通も低迷していると思う。私に限らず、しかたがないのだ。と、わかってはいる。私などまだまだ甘いのだ。頑張りが足りないんだよ、頑張りが!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「家族」の呪縛を解き放つ感動作!

母親病

森 美樹
新潮社
2021-06-17

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走生活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや愛への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。アラフィフの今、自分自身の経験を交えながら、女性の性や愛を追...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

delilah_nya ああー…わかる…。そっか、闇の中味はそれか。確かにそれだよ…。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite