友が次々倒れていく中、ついにじーちゃんが……

満州に渡った祖父の戦争体験です。戦局が悪化し、仲間が次々と犠牲になっていく中、ついに祖父も凶刃に倒れます。祖父の話をなるべく忠実に再現するため、今回は暴力的な描写や血が流れる描写が含まれます。あらかじめご了承ください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

granat_san 開口一番亡友の髪をポケットに収めた服がどこにあるのか訊いたおじいさんの思いに打たれる。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

Kikko_yy えむさんがこうしてお祖父様のご経験を語ってくださることに感謝🙏 沢山の方に届きますように。 |新ひぐらし日記|日暮えむ|cakes(ケイクス) https://t.co/V92Lf75vzS 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kfthinwor33 ただただ驚いてしまう。おじいさん、ご自分の命も危険な状況で仲間への思いやりを失わなかったこと。そして負傷した後も。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kash06 あまりに壮絶な回。これまでの千葉の風景から、本当に遠く遠く。でも、これまでがあったから、とても良く読めた気がする。 4ヶ月前 replyretweetfavorite