敵陣に突撃する時、兵隊は何を叫ぶのか?

祖父から聞いた戦争の話、今回は戦場でのできごとです。追い詰められた若者たちは、突撃しながら何を叫ぶのでしょうか?
noteクリエイターファイルに「新ひぐらし日記」著者・日暮えむさんと、背景を書かれているDontaさんのインタビューが掲載されています。そちらもあわせてお読みください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar ふぅ。。 運動神経の良し悪しと射撃の腕って関係あるのかしらん 10ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san お祖父さんが銃で弾がひとつも当たらないことへの感想がリアル。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

hiyaya10 弾はあたらないというのはよく読むし、よく聞いた。ほんとに当たらないらしい。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

Emiko3588 たくさんの人に読んでもらいたいです✨ |日暮えむ|新ひぐらし日記 https://t.co/3dTHrcHDJ7 12ヶ月前 replyretweetfavorite