自分にできるかな」と躊躇している時間は無駄だ

あえてレールから外れよ。3歳児の気持ちで、のめり込め。常識とか世間体なんか、「ぜんぶ無視だ」。堀江流「生き方改革」として、「自分の人生を取り戻す」ための、行動スキルを指南します。今回から、「習慣にすること」について。「没頭すればバランスは必要ない」。その第4弾です。「躊躇している時間は無駄だ」。3月11日発売の新著『非常識に生きる』より特別公開します。

できる理由だけ考えて、走り出せ!

堀江貴文さんの本業は何ですか? と聞かれて、咄嗟には答えられない。僕は稼ぐための仕事はほとんどしていなくて、面白いと思うことばかりしている。毎日、新しい情報と巡り合い、やりたいことが尽きない。やりたいことだけに時間を最適化させていくと、やりたいことが相乗的に増えていく感覚だ。

「面白い」と「やりたい」の循環に入れば、時間はいくらあっても足りない。だから何よりも時間の捻出と最適化に努めている。費やすお金なんか、どうでもいい

面白いことを逃したり、チャンスを失うのが、僕にとっては大きな痛手だ。
そうならないよう、1ヶ所に留まらず、いつも移動して新しい情報を浴び、刺激的な仲間たちと会い、感度のバージョンアップに努めている。

僕の財産は何かと言われれば、間違いなく経済力ではない。
何をしてきたか、誰と会ったか、どんな面白い意見を語れるか? という経験値が、堀江貴文の最大の財産だ。

例えば、サロンの仲間たちと始めた日本酒づくりが、いろんな人の手を借りて実現した経験は、1億円のキャッシュを得る満足感より、はるかに価値がある。
僕だけの話ではない。経験値が本物の財産だと気づいた人だけが成功できるし、経済的にも豊かになれる。

「やりたことをやっていたら、いつか食い潰す」と、昔の大人は言った。それこそ、とんでもない非常識だ。

自分には面白いことがない、という人は多い。シンプルに、感度が低いからだ
「やる」ことを重ねていない。「挑み」を実践していない。だから、情報のアップデートができないし、会う人は限られ、つまらない現在を固定してしまっている。

とにかく何でも、やってみる! 片っ端からやっていれば、必ずひとつかふたつは、思いがけない興味のスイッチが入る。やること自体が、楽しくなってくる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「みんな一緒」の正義を疑え! レールから外れる41の行動スキルを伝授!

非常識に生きる

堀江 貴文
小学館集英社プロダクション
2021-03-11

この連載について

初回を読む
非常識に生きる

堀江貴文

あまたの事業を成功させてきた男、堀江貴文。実現できたのは、莫大な資金や、特殊な才能があったからではない。 ただ、好きなことに「没頭」してきたからだ! あえてレールから外れよ。 3歳児の気持ちで、のめり込め。 常識とか世間体なんか、ぜん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tanikatsu1 https://t.co/YjlFKLvMog 6ヶ月前 replyretweetfavorite

DI5K455ETTE ”「面白い」と「やりたい」の循環に入れば、時間はいくらあっても足りない。” 6ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 自分には無理だけど、 いいなと思う。 |堀江貴文 @takapon_jp |非常識に生きる https://t.co/04wM4OtaHR 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kenta_masuno ⁦⁦@takapon_jp⁩ いつも前を向ける。 6ヶ月前 replyretweetfavorite