激うま…牛丼の可能性が広がった瞬間。いつものおかずがマンネリ脱却

毎日のごはん、マンネリしたな~なんて思ったことありませんか? そして、そんなあなた、納豆にクリームチーズ入れたことありますか? こんな1テクでも一気に食卓は「あたらしく」なります。毎日の食がエンタメになる大提案! いつものおかずをマイナーチェンジするだけだから、あたらしい素材も調味料もいりません。4月1日発売『家ごはんをも~っとおいしく! あたらしいおかず』より全8回の特別連載。

「あたらしい」は食卓に必要?

「あたらしいおかず」というと、もしかしたらハードルが高い印象を持つ人もいるかもしれません。そもそもおかずに「あたらしさ」って必要?という疑問を抱く人だっていると思います。

「あたらしさ」ってなんだろう?と考えたとき、

  • 普通じゃないこと?
  • 他とはちょっと違うこと?
  • 少しばかり奇抜なこと?

などと思いつきます。でも誰かにとっての当たり前も、もしかしたら自分にとっては「あたらしいこと」かもしれませんし、おなじみのものだって視点を変えるだけでぐっと新鮮にうつる可能性があります。

だから、すこしハードルを下げてみてほしいです。

食事は毎日のこと。
ちょっとでも楽しく、エンタメ感あふれる食卓であれば、毎日が楽しく、華やかになるに違いありません。ちょっと難しい印象かもしれませんが、でも、それって意外と簡単です。いつもやっていることに少しの工夫とアイデアを入れるだけでぐっと「あたらしく」生まれ変わります。そして、それは、毎日ごはんを考えている方々にとってはマンネリ解消を簡単にできるヒントとなります
この連載では、そういったアイデアをたくさん紹介できたらと思っています。

台所には、まだ見ぬ「あたらしさ」が実はたくさん潜んでいます。
ぜひ、毎日の食事にエンタメを発見してみてください!

マンネリ解消! あたらしさのヒント

まず、「あたらしさ」を見出すヒントの第一段階。

  • 好きな食べ物はなんですか?
  • お気に入りのおかずはありますか?
  • それは、いくつありますか?


もし2つか3つ、ぱぱっと思いついたらそれはあたらしいおかずの「ヒント」になります。
「好きなもの」と「好きなもの」を組み合わせると、意外や意外、とってもおいしく、大成功するパターンがよくあります。

たとえば、私の友達は、昔から牛丼に納豆をかけて食べていました。
どっちも好きという理由で始めたらしいのですが、初めて聞いたとき、思わず「いらんことすな!」と叫びました。だって、どちらをとってももう完成されているもの。
混ぜる必要はないと思ったのです。
しかし、あまりにも勧めてくるから、嫌々やってみたところ……


激うまでした。


牛丼のたれと納豆のコクがねばねばと絡み合って、あまりのおいしさに目を閉じました。
牛丼の可能性が広がった瞬間です。それと、同時に、私の中での牛丼がバージョンアップされ、「あたらしい」牛丼のレパートリーが加わりました。

でもこの組み合わせ、よくよく考えると理にかなっているんです。

なぜなら、どちらもご飯に合うものだからです。
合わせてご飯にかけたらおいしくない、なんてことはないのです。

そんなあたらしい発見と同時に、私の牛丼のマンネリ化が一気に解消されました。牛丼にあらたな「選択肢」が生まれたんです。この「選択肢」というのが重要です。例えば、毎日の料理に置き換えると、おんなじ「肉じゃが」でも、「さて、今日はどの肉じゃがを作ろうかな」という発想になります。この選択肢をもつだけで、マンネリがなくなるってわけです

その選択肢の話は、別の回にお話をさせてください。

納豆パラダイスは、すぐそこにある

さて、今回は誰でもとっつきやすい納豆ご飯を「あたらしく」してみたいと思います。
ここで、ドドーンと私がおすすめしたい納豆パラダイスをご紹介します。

これらはレシピというほどでもないかもしれませんが、納豆を確実においしくするバリエーションです。なぜなら、すべてご飯に合うものだから。

いくつか代表例を紹介していきます。

① クリームチーズ

意外や意外。でも最近は、おにぎりの具材なんかでも入っていることがありますよね。ご飯に予想以上に合うんです。

② カレー粉と卵

これはもう、大鉄板。おいしく食べるため1晩寝かせる必要がありますが、ぜひやってみてほしいです。

③ ベーコン

ベーコンの油分のコクがなんとも納豆にマッチ。カリカリにすれば食感のアクセントにもなります。

納豆はとても懐の深い食材です。なぜなら単体で成立しているため。だから、そのトッピングを選ぶ基準は、繰り返しになってしまいますが「ご飯に合うもの」。これだけです。あとは、自分の好みや、その時の気分の「香り」や「コク(油分)」、「食感」をプラスするものを合わせるだけで一気に見違えるんです。これさえ守れば、ご自身でもきっと「おいしい・あたらしい」納豆に出合えるはずです。

そもそも、私が納豆にいろいろ入れ始めたきっかけは単にボリュームを加えたかったからなんです。朝ご飯など、納豆ご飯と味噌汁のみ、ということが多いのですが、その時にやっぱりそれだけだと少し物足りなさを感じていました。でも、副菜作るのもめんどくさい。そうだ、もし納豆ご飯だけでも十分に満足感があれば、他のおかずはいらないなと思いついたんです。だから納豆にいろいろ入れてボリュームアップをしてみました。この納豆のボリュームアップが結果的に食卓をラクにもしてくれたのでした。

今回は素材を追加する、「足し算」アイデアをお伝えしました。

次回は、「味の引き算、置き換え」のアイデアとともに、冷ややっこのバリエーションや卵のバリエーションなんかも紹介できればと思います。

ほかにも気軽に楽しめる食卓の「あたらしい」アイデアをぎゅっと詰め込みました。
4月1日発売『家ごはんをも~っとおいしく! あたらしいおかず』
でぜひ、食卓の再発見をしてみください。

*本連載は、山田英季(and recipe)著
家ごはんをも~っとおいしく! あたらしいおかず』(学研プラスより4/1発売予定)を基にcakes用に再編集したものです。

(写真:鈴木泰介、イラスト:死後くん)

いつものおかずをマイナーチェンジでマンネリ脱却大作戦!

この連載について

家ごはんをも~っとおいしく! あたらしいおかず

山田英季(and recipe)

「いつものおかず」もいいけれど、食卓にちょっとした「あたらしさ」が欲しい時ってありませんか? 実は、台所にはまだ見ぬ「あたらしさ」がたくさん潜んでいる!ちょっとした調味料の使い方や、意外や意外な調味料の組み合わせで「いつものおかず」が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kanan_2010 @meyshop この記事後半が納豆のちょい足しについて書いてありましたので。 https://t.co/yBx78I9Nca 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorun67 楽しそう!!! 納豆×クリチやってみたいー 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

hikaruotherside こないだ納豆にアボカドとクリームチーズと醤油とオリーブオイル混ぜて出したら「同じ納豆でもこんなにおしゃれになるんですね」って夫が感心… https://t.co/z6KmQxQfSY 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

_kei1008 納豆が! また楽しみが増えました😋 約2ヶ月前 replyretweetfavorite