福沢さんは、常に海の向こうを見据えていた。| 至誠通天(四)

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男はどのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と生涯とは。青年期から最晩年まで、「走る人」「闘う人」「創る人」「聞く人」として駆け抜けた、令和版大隈像をお楽しみください。


 この頃の大隈の政敵は駐米大使の星亨だった。星は弁護士出身の四十九歳。大隈より一回り下の世代だが、何ら物怖じせず、大隈を批判してくる。

 大隈が組閣したと聞いた星は、首相兼外相である大隈の許可を得ることなく、ワシントンから一方的な辞意を電報で表明し、帰国の途に就いた。

 国内の役職ならまだしも、米国で仕掛かりの仕事を放りだし、政争のために帰国した星に大隈は激怒した。駐米大使という要職にあるため米国側に迷惑も掛かる。こうした無責任な行為は大隈の最も嫌うところで、辞表の受理を拒み、関係者に「星を即刻送り返せ」と命じた。

 だが八月十五日に帰国した星は辞任の意志が固く、帰任命令を出しても頑として聞かない。これ以上、意地を張り続けても米国に迷惑を掛けることになるので、大隈は九月十三日に辞表を受理した。

 それでも自由党系議員の多くが星の政治家としての能力を評価しており、また板垣の気力の衰えもあり、星を入閣させ、外相に就けたいという意向を示した。

 だが星自身は全く違った考えを持っていた。たとえ大隈が入閣を認めても、大隈の下では力が発揮できないと見切った星は倒閣に乗り出したのだ。

 しかもこの頃、大隈の腹心の尾崎行雄文相が、共和政体に憧憬を抱くような演説を行ったことで、保守系マスコミがこれを「不敬」として糾弾した。尾崎は「仮に」と前置きしてから「共和政体だったら云々」と言っただけで、共和政治の肯定など微塵もしていなかったが、見事に言葉尻を捕られたのだ。

星は板垣を通じて尾崎の辞任を要求した。さすがに天皇も共和制には反対なので、尾崎を辞任させることに合意した。

 この時、内相の板垣からの尾崎罷免要求の上奏に対し、天皇は総理大臣である大隈に可否を問い合わせなかった。常であれば、天皇の信任が得られていないということで総辞職ということになるが、大隈にはまったくその気がない。そんな大隈にマスコミなどは「鉄面皮」などと罵声を浴びせたが、大隈は馬耳東風だった。

大隈は国民のために政治を行っているのであり、天皇の顔色をうかがうつもりはなかったからだ。

 せっかく誕生した政党内閣なので、大隈は何としても実績を挙げたかった。むろん短命で終わらせるつもりなどない。だが大隈が尾崎の後任の文相に、大隈子飼いの犬養毅を就任させると、板垣内相ら自由党系の三閣僚が抗議の辞任をした。大隈が犬養を指名すると読んだ星の痛烈な一手だった。しかも水面下で、星は山縣と手を組み、山縣が組閣した際の支援まで約束していた。

 それでも大隈はあきらめない。大隈は三閣僚の補充を進歩党系で行うべく候補者を上奏したが、今度は天皇が認めない。天皇は大隈と板垣の連立内閣は認めたが、大隈単独の内閣は認めないという方針だったからだ。その背後には、天皇の好悪の感情があった。天皇は西郷隆盛のような寡黙な武人を愛し、大隈のような饒舌な政治家を嫌う傾向があった。

天皇の拒絶に遭い、遂に観念した大隈は十月三十一日、辞表を提出した。最初の政党内閣は、わずか四カ月という短命で終わった。

 改進党結成から十六年、議会開設から八年、ようやく実現した政党内閣だったが、一度も議会を迎えることなく、何の実績も挙げることなく崩壊した。

 すべては星が原因だった。大隈は、たとえ政敵でも個人的には友人ということが多かったが、星だけは終生相容れることがなかった。

 この対立と混乱で、自由党系と進歩党系も手切れとなり、板垣は憲政党、大隈は憲政本党を名乗っていくことになる。

 明治十四年の政変で下野して以来、大隈は一貫して政党内閣の実現を目指し、それがようやく実現したにもかかわらず、保守派の山縣と政敵の星によって、なすところなく潰え去った。大隈の反省点としては、政党内閣の早期誕生を何よりも優先し、旧自由党と妥協したことだった。

 大隈内閣が倒れた後、新内閣を山縣が組閣した。第二次山縣内閣である。主要閣僚を薩長藩閥系が占める山縣内閣は、旧態依然とした藩閥内閣の延長線にあるものだった。そして当然のごとく、山縣は軍備拡張のための増税に踏み切った。

 失意の大隈は早稲田の自邸に引き籠もっていたが、明治三十二年(一八九九)の正月が明けると、福沢に会うべく三田に出向いた。

 というのも大隈が総理大臣在任中の前年九月、福沢は脳溢血で倒れ、生死の境をさまよっていたからだ。

福沢は人事不省に陥り、面会も謝絶だと聞いた大隈は見舞いの品々を届けさせたが、ようやく正月に福沢が会える状態になり、出掛けることにしたのだ。


 三田にある福沢邸は、小高い丘の上にある。その前の道からは海がよく見えた。

 —福沢さんは意気揚々と、あの海を渡っていったのだな。

 大隈とは異なり、福沢は三度の渡航経験がある。最初の渡米は安政六年(一八五九)なので幕府は健在で、福沢は少壮気鋭の二十五歳だった。文久元年(一八六一)には渡欧し、明治維新直前の慶応三年(一八六七)には再び渡米している。福沢は志士活動などに一切の関心を示さず、ひたすら海外に目を向けていた。

 —福沢さんは、常に海の向こうを見据えていた。

当時、海外渡航できるか否かは運だった。幕末の大動乱期であるにもかかわらず、福沢には三度も運がめぐってきた。だが大隈には、ついぞ運はめぐってこなかった。強く渡航を望まなかったのも事実だが、今となっては、一度くらい行ってもよかったと思っていた。

 —だが今更それを思っても仕方がない。それがわしなのだ。

しばし海を眺めた後、大隈が案内を請うと、福沢自ら玄関まで迎えに出てきた。

「福沢さん、もうよろしいのですか」

「ええ、すっかり快復しました」

 福沢は笑みを浮かべたが、その顔はやつれ、一気に年を取ったように感じられた。

 —福沢さんも、もう六十六だからな。

 福沢は大隈より三つ年上になる。

 福沢の案内で居間に通された大隈は、あらためて福沢の顔を見た。

「福沢さんも白髪が増えましたな」

「ええ、患ってからすっかり増えました。年は取りたくないものです」

「今回は快復なさって本当によかった」

「ありがとうございます。そろそろ幕引きかと思っていたら、天がまだこの福沢に仕事をしろと言っているんですよ」

 二人は声を上げて笑った。

「倒れる前までは、居合の素振りを続けていたとか」

「ええ、若い頃からの習慣なんで続けていました。散歩も欠かさずにね」

 福沢は散歩の効用を常に語っていた。

「武士嫌いの福沢さんも、武士の頃の癖が抜けないというわけですか」

「そんなとこですね。やはりこの年になると、無性に昔が懐かしくなります」

 近頃、無性に昔が懐かしくなるのは、大隈も同じだった。若い頃は夢など見ないで寝ていたものだが、最近は眠りが浅いので、よく夢を見る。それが決まって少年時代のことばかりなのだ。

「われらも、お迎えが近いのかもしれません」

 福沢が冗談めかして言う。

「そんなことを言ってはいけません。大隈さんには、まだまだこの国の第一線にたっていただかなくてはなりませんからね」

「ありがとうございます。幸いにしてこの老骨でも、まだ働けそうです」

 二人が再び笑う。

「ときに大隈さん、私が人事不省になった折、授爵を奏請するかどうかの意向を確かめてくれたそうですね」

 大隈は総理大臣の権限を生かし、万が一、福沢が息を引き取った際に残される家族のことを思い、授爵を奏請しようと思っていた。

「爵位や位階に関心のない福沢さんですから、やめておこうかと思ったのですが、ご遺族のことを思えば損ではない話ですからね」

「そうか。人事不省でも生きているうちでないと、爵位はいただけませんからね」

 爵位を授けられてしまえば、本人がその後に死しても、様々な恩典が遺族に残る。

「そうなんです。それで大急ぎで奏請しようと準備を進めていたのですが、ご家族が義塾の役員と話し合い、辞退すると告げてきました」

「はい。その話は意識が回復してから聞きました。それでよかったと思っています。しかし大隈さんの心遣いを無にしてしまいましたね」

「そんなことはありません。こうして福沢さんの口から栄典辞退の意向を聞けたので、よかったです」

 福沢は一貫して官職を得ず、政府と政治から距離を置いてきた。これまでも幾度か爵位、位階、勲章の類を授与させようという動きがあったが、その都度、本人が断ってきた。

「位階なんてものは、明治維新と共に廃止すればよかったんですよ。万民平等の世になったのに、人に妙な箔を付けて上下貴賤の区別をつけるなど、馬鹿馬鹿しいじゃありませんか」

 福沢は呂律も普通で、その頭脳が衰えたわけではなかった。

「福沢さんも相変わらずですね」

「大隈さんこそ、足を一本失っても意気軒昂としているじゃないですか」

 大隈が義足を見せながら言う。

「あれから走れなくなりましたが、義足があれば歩けます」

「そこですよ」

 福沢が身を乗り出さんばかりに言う。

「人は自らの境遇を、すぐに嘆く。足がなければ足がないなりに、手がなければ手がないなりに工夫すればよいのです」

「軍備増強のことですね」

「ははは。ご明察。ロシアの南下が恐ろしいからと言って知恵も絞らず、軍備予算ばかり増やしていたら、早晩この国の財政は破綻します」

「福沢さんの言う通りだ。これから満州や支那では何が起こるか分かりません。その時、兵を出すなどして争乱にかかわろうとしたら、その維持費だけで日本は滅びます」

「そうです。ロシアの行く手を遮ろうとすれば戦争になる。たとえ勝ったとしても、その利権を守るには金がかかる。この東洋の小国が、欧米と張り合っていくなど無謀なのです」

「それが分かっていない連中が、政府でも多すぎるのです」

 伊藤ら開明派を除くと、山縣に代表される薩長藩閥の保守派は、ことごとく軍拡支持派だった。とくに元老の一人である山縣は極端な軍拡論者で、伊藤らともうまく行っていない。

 元々、天皇の諮問機関として内閣制度発足時に設置された元老は、憲法に規定もなく、制度として明確な基準のない存在だった。大隈は以前から元老が後継首班を決めたり、内閣の政治運営に口を挟んだりするのは「おかしい」と批判し、その廃止を唱えていた。

「いずれにせよ多難な日々が続きますな」

「ええ、とにかく互いに健康だけには注意していきましょう」

 大隈は立ち上がると、福沢が立とうとするのを制して握手を求めた。

「福沢さん、いつまでも元気でいて下さいよ。あなたがいなくなったら、この日本は迷子になります」

「ははは、迷子はよかったな。分かりました。次の世代のためにも、互いにもうひと踏ん張りしましょう」

「もちろんです。次の世代を育てていくことこそ、われらの最も大切な使命ですからね」

 二人は固く握手すると、強くうなずいた。

 だがこれ以降、福沢の英気は次第に失われていく。明治三十二年(一八九九)と三十三年(一九〇〇)の二年間、福沢は体調のいい時に近所を散歩するくらいで、家に引き籠もることが多くなり、明治三十四年(一九〇一)一月二十五日、脳溢血が再発して死去する。享年は六十八だった。


<次回は2月25日(木)更新です>

コルク

この連載について

初回を読む
威風堂々 幕末佐賀風雲録

伊東潤

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男はどのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません