新幹線vs.エアライン#9】リニア2027年開業に暗雲

日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

トンネルめぐりJR東海と静岡県が対立
リニア2027年開業に暗雲 大井川「水問題」の論点

 東京と名古屋を40分で結ぶリニア中央新幹線のトンネル建設工事をめぐり、静岡県とJR東海が対立している。しかし県の質問に対して、JR東海が2019年9月に提出した回答書について川勝平太知事は「論点がはっきりした」と一定の評価を下し、解決への手がかりだけは見えてきた。

 2027年のリニア開業(品川-名古屋間)を目指し、JR東海は東京、神奈川、山梨、長野、岐阜、愛知というルート上の各都県で建設を進めている。しかし、北端を11キロメートル通過する静岡県では本格着工ができていない。

 静岡工区は26年11月の完工を目指し、17年中に工事に着手する予定だった。だが、県が着工に待ったをかけた。「トンネル工事で大井川の水資源が大量に失われ、流域自治体や利水者の理解が得られない」という理由だ。工事の認可権限を有する国は、リニア建設に際して自治体と連携して適切な環境保全措置を講じるよう求めており、県の合意なしに県内のトンネル工事は開始できない。

 JR東海はトンネル工事で発生した湧水の全量を大井川に戻すと約束している。だが県は「利水者に納得のいく説明が必要」として、首を縦に振らない。そこでJR東海は県の質問に対し、200ページ近いボリュームの文書を作成。これが9月に提出された回答書だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar 例えば堀江さんみたいに頭のいい人なら、こういう話題にもついていけんのかな? “頭いい”人って“なんでもわかる”イメージ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite