​おじさんになってむしろモテる

今回の「ワイングラスのむこう側」は、モテるおじさんの話。歳を重ねるに連れ、モテるようになるおじさんと、モテなくなるおじさんがいるのだそう。その条件を考えました。

年をとってモテるおじさん、モテなくなるおじさん

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕と同世代のすごいイケメンの知り合いがいまして、先日5年ぶりくらいに偶然見かけたら、ちょっと太ってて雰囲気が変わっていたんです。かつては二重で眉毛が濃くてホリが深い濃い顔のイケメンだったんですが、太って年をとった今の姿は、たぶんそんなにモテる見た目じゃないように思ってしまいました。

彼、若い頃はムチャクチャモテたんです。もういつ会っても違う綺麗な女性と一緒に歩いていて、その女性たちもうっとりしていたんです。本人も「イケメン風」と言いますか、モテる男らしい振る舞いをしていました。もちろん今でもイケメン風の振る舞いをしていたのですが、見た目が変わってしまったので、ちょっと違和感を抱いてしまったんです。

たぶん、今の彼に初めて出会った人たちはちょっと「イタい人」として認識してしまうだろうなあと。それってなかなかつらいものがあります。

そういえば先日、堺正章のような特にイケメンではなかったタイプの男性が、年齢を重ねるに連れてモテていく、というような記事を見かけました。彼とは逆に、良い感じに年齢を重ねられればモテるおじさんになれる可能性があるんですね。若い頃はそんなにモテなかったのに、さよなら満塁逆転ホームランと言いますか、最後にモテ期が来ることがあるようなんです(ちなみに、なんでも野球で例えるのって、おじさんの象徴だそうですよね。すいません。ついやってしまいました)。

ではそのホームランを打てる条件って何なんでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化第二弾!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

niina_noriko おじさんになってむしろモテる|林伸次 @bar_bossa | おじさんになったらUNIQLO着てないしみたいなこと 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

rei_iihito 「そんなに」積極的にホテルには誘わない… https://t.co/HmZXpq2m1O 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

maihama_ddr おじさんになってむしろモテる|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

bebetorik 全て正しいけど、③と④は絶対ですね! 相手を主人公にできる人は、容姿関係なくモテます。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite